バイオマス発電とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > バイオマス発電の意味・解説 

バイオマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/01 14:28 UTC 版)

(バイオマス発電 から転送)

バイオマス (biomass) とは生態学で、特定の時点においてある空間に存在する生物bio-)の量を、物質の量(mass)として表現したものである。通常、質量あるいはエネルギー量で数値化する。日本語では生物体量、生物量の語が用いられる。植物生態学などの場合には現存量(standing crop)の語が使われることも多い。転じて生物由来の資源を指すこともある。バイオマスを用いた燃料は、バイオ燃料(biofuel)またはエコ燃料 (ecofuel) と呼ばれている。


[ヘルプ]
  1. ^ 「バイオマス・ニッポン総合戦略」本文 1ページ - バイオマス・ニッポン - 農林水産省
  2. ^ NEDO海外レポート No.994、2007年2月7日
  3. ^ Technobahn、2008/1/15 05:18の記事
  4. ^ バイオマス情報ヘッドクォーター
  5. ^ 資源エネルギー庁が木質バイオマス混焼発電を推進(新エネルギー財団)
  6. ^ 政府バイオマス関連事業、8割以上効果なし 総務省”. 日本経済新聞. 2011年2月15日閲覧。
  7. ^ a b バイオマスの利活用に関する政策評価<評価結果及び勧告>、総務省、2011年3月
  8. ^ http://www.civil.miyazaki-u.ac.jp/~dyken/ronbun/ronbun/01baba.pdf
  9. ^ バイオ燃料用作物、無秩序栽培は生態系破壊…国連報告書 読売新聞、2008年(平成20年)5月4日。
  10. ^ レスター ブラウン「フード・セキュリティー―だれが世界を養うのか」、ワールドウォッチジャパン、2005年4月ISBN 978-4948754225
  11. ^ 三菱総合研究所、バイオ燃料とライフサイクルアセスメント〜良いバイオ燃料、悪いバイオ燃料の選別〜、2007.12.25
  12. ^ " WiredVision、2006年2月8日の記事
  13. ^ セルロースを分解しディーゼル、アルコール等を作る新しい微生物
  14. ^ 正念場を迎えた米国の第二世代バイオエタノール(2)
  15. ^ 食料と競合しないバイオ燃料
  16. ^ シロアリによるバイオエタノール製造に弾み
  17. ^ シロアリがエタノール生産の救世主に? 代替燃料技術の現在
  18. ^ シロアリの腸からバイオ燃料生産効率を高める新酵素を発見
  19. ^ 国エネルギー省(DOE: Department of Energy)の共同ゲノム研究所
  20. ^ “廃材をバイオ燃料に”. 沖縄タイムス ( 沖縄: 沖縄タイムス): pp. 1面. (2008年7月3日) 
  21. ^ シロアリの新しい利用法
  22. ^ シロアリ腸内共生系の高効率木質バイオマス糖化酵素を網羅的に解析
  23. ^ バイオエネルギー生産のためのシロアリ共生系高度利用技術の基盤的研究
  24. ^ 三菱総合研究所、バイオ燃料とライフサイクルアセスメント ~良いバイオ燃料、悪いバイオ燃料の選別(2)~、2008.3.7


「バイオマス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バイオマス発電」の関連用語

バイオマス発電のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

幸田

田中千智

マツカサウミウシ属の仲間2

フロアパネル

青業平竹

スコット・マクニーリ

SM400R

コマンダー





バイオマス発電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイオマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS