BlackBerry アプリケーション

BlackBerry

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/24 10:13 UTC 版)

アプリケーション

BlackBerryアプリケーションはRIMより開発キットやマニュアルが公開されており、[39] 原則自由に開発が可能である。

BlackBerry App World

RIMでも2009年4月1日にBlackBerry用のアプリケーションの配布用のサイト「BlackBerry App World」を開設しBlackBerry用のアプリケーションの配布を始めている。[40] 当初はアメリカ、イギリス、カナダ向けとする対応であった。

2010年6月より日本でも無料版の提供が開始された。[41][42]

2010年8月にはApp Worldのバージョンが2.00へあがり、日本でも有料アプリケーションの購入が可能となった。有料アプリケーションの支払い方法は、クレジットカードのほか、PayPalでの利用も可能となっている。[43]

2012年2月時点で60,000以上のアプリを配布し、1日約100万のダウンロードがある。有料アプリの売り上げのうち8割は開発者の取り分となる。アプリの種類は、本、株価ツール、ニューススポーツ、地図、ビジネスツール、コミュニケーションツール、ゲーム、テーマ等がある。

BlackBerry App Worldでダウンロードしたアプリケーションの履歴は、My Worldといわれるダウンロード履歴に保存され、一度ダウンロードしたアプリケーションは、同じユーザー名でログインすれば、端末を変えたり、端末を初期化したとしても、再度無料でダウンロードしたり、PCから取り込むことが可能となる。

2010年10月より、Ver.2.01版が公開され、有料アプリケーションが日本円で購入可能となっている。

2011年02月より、日本語版BlackBerry AppWorldの配信が開始された。

2011年9月より、Ver.3.0版が公開され、インターフェイスを一新し、「マイアカウント」も導入された。

その他アプリケーションポータル

App Worldのほかにも、サードパーティーのポータルであるBerryStore(ベリーストア)[44] やクラックベリーなどでダウンロードや、PCからの取り込み、利用することが可能である。そのほかのサイトでも公開されている。

NTTドコモのサイトでも、「ドコモスマートフォンアプリサイト」といわれる、アプリケーションマーケットが立ち上がり、産経新聞アプリ、NAVITIMEMy docomomixispモードといった日本語が中心のアプリケーションやテーマ、壁紙などが配信されている。2009年10月6日からは、有料版のアプリも提供された。

その他に任意のサイトからダウンロードすることができる。最近ではiモードメール等へ絵文字の送受信ができるアドインアプリなども提供されている。

主なアプリケーション

標準搭載
  • メール - プッシュ型のEメールをサポートする。POP、IMAP対応のプロバイダのメールであれば概ね対応する。また@xxx.blackberry.comのアカウントのメールが無料で付与される。
  • BlackBerryメッセンジャー - 1対1やグループでチャットができる。また新着のメッセージは着信通知がある。
  • 地図 - BlackBerry Mapといわれる地図アプリケーション。
  • ブラウザ - JavaScriptに対応したブラウザが標準で搭載されている。Play BookではFlash PlayerやHTML5にも対応し始めている。BlackBerry OS 6からはWebKitベースのブラウザとなっている。
  • メディアプレーヤー - 動画や音楽の再生アプリケーションで、YouTubeなどを試聴する際などにも使用される。
  • カレンダー - Exchange ServerやGoogleカレンダーなどとも連携をとることができる。
  • Twitter - RIM社がサポートするTwitterアプリケーション
  • Facebook - RIM社がサポートするFacebookアプリケーション
サードパーティー
  • Google Maps - Google MapのBlackBerry版 ストリートビューやLatitudeにも対応する。
  • Google Talk - Googleのチャットアプリケーション
  • Windows Live Messenger - MSNのメッセンジャー
  • Gmail - 標準のメーラでもGmailは利用可能だが、こちらを使うと、ラベルの管理などもできる
  • Evernote

  1. ^ 5G対応の新型BlackBerryは「幻」に。事業会社が廃業とプロジェクトの中止を正式に発表”. SIM太郎. 2022年5月21日閲覧。
  2. ^ 『できるポケット+ BlackBerry Bold 9900』インプレス、2012年、11頁
  3. ^ 世界第2位のスマートフォンシェアを誇る「BlackBerry」の歴史を振り返る (1) RIMの歴史は1984年にスタート | マイナビニュース
  4. ^ comScore Reports September 2010 U.S. Mobile Subscriber Market Share” (2010年11月3日). 2022年1月6日閲覧。
  5. ^ TCLがBlackberry端末の製造・販売を終了へ、2020年8月に - ケータイ Watch
  6. ^ “BlackBerry、新たなライセンス先と物理キーボード搭載5Gスマートフォン開発”. ITmedia. (2020年8月20日). https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2008/20/news087.html 2021年2月12日閲覧。 
  7. ^ “米スタートアップが挑む「ブラックベリー」復活”. 日本経済新聞. (2021年2月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ035MR0T00C21A2000000/ 2021年2月12日閲覧。 
  8. ^ ブラックベリー、旧モデル使用不可に サポート終了で”. AFP通信 (2022年1月5日). 2022年1月5日閲覧。
  9. ^ 2021年OnwardMobilityで復活予定だった元祖スマートフォン「BlackBerry」OnwardMobilityのサイトが更新!”. Saiga NAK (2022年1月10日). 2022年1月10日閲覧。
  10. ^ BlackBerry Pearl Flip 8220を発表
  11. ^ BlackBerry「Jakarta」はインドネシアで起死回生できるか - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)
  12. ^ a b U-mobile、物理キー搭載Androidスマホ『BlackBerry PRIV』を販売開始 - Engadget日本版
  13. ^ BlackBerry Secures Global Smart Phone Software and Brand Licensing Agreement with TCL Communication - MarketWired (英文)
  14. ^ BlackBerry、ソフトウェアおよびブランド・ライセンスでTCL Communicationと合意 - <2016年12月19日>エキサイトニュース
  15. ^ NTTドコモBIS報道発表
  16. ^ 「spモード」は年内対応:ITメディア2010年09月02日
  17. ^ BlackBerry® Boldのバージョンアップ情報 NTTドコモ
  18. ^ a b BlackBerry UEM: Securing Your Enterprise from a Single Console <2016年12月8日>BlackBerry
  19. ^ BlackBerry UEM Architecture and data flows BlackBerry
  20. ^ NTTドコモBlaciBerry開始プレスリリース
  21. ^ NTTドコモサイトブラックベリーインターネットサービス
  22. ^ ドコモUSAによる携帯電話取次販売サービス報道発表
  23. ^ BlackBerry向けに有料アプリケーションを提供開始(NTTドコモ報道発表資料)
  24. ^ 公衆無線LAN無料キャンペーンの実施について(NTTドコモ報道発表資料)
  25. ^ BalckBerry Bold 新色(白)発売開始
  26. ^ ドコモ スマートフォン BalckBerry Bold 9700
  27. ^ BlackBerry Enterprise Server Express を無償で入手しよう
  28. ^ 米国MDM大手が日本法人設立、NTTドコモが販売代理店に 日経ITPro
  29. ^ BLACKBERRY CLASSSIC | エックスモバイル株式会社
  30. ^ BlackBerry、過去の訴訟相手を買収へ 法人モバイル管理を強化 -<2015年9月7日>日経ITPro
  31. ^ Good Work - NTTドコモ法人向けサイト
  32. ^ BlackBerry、日本で法人向けソフトウェア事業を再始動 -<2016年7月27日>ビジネスネットワーク.jp
  33. ^ 「ブラックベリーサービス」の新規受付停止及びサービス終了について
  34. ^ 「Good Work」 ドコモの法人向けサイト docomo Business Online
  35. ^ 強固なセキュリティ機能を持ったBlackBerry最新デバイス「BlackBerry(R)KEYone」 純正アクセサリーと併せて、6月29日より販売開始! | FOX.INC”. foxinc.jp. 2019年4月11日閲覧。
  36. ^ BlackBerry最新端末「BlackBerry(R)KEY2」が今夏発売! 世界で唯一のバンド18対応の日本国内モデルとして、国内初の3大キャリアSIMの利用が可能に! | FOX.INC”. foxinc.jp. 2019年4月11日閲覧。
  37. ^ 「au +1 collection」からBlackBerry最新端末「BlackBerry® KEY2 Black」を9月7日より発売! | スマートフォン・携帯電話 | au”. www.au.com. 2019年4月11日閲覧。
  38. ^ 株式会社インプレス (2018年8月31日). “au、物理キーボード搭載の「BlackBerry KEY2」をSIMフリーで発売”. ケータイ Watch. 2019年4月11日閲覧。
  39. ^ BlackBerryアプリ開発サポート
  40. ^ RIM,BlackBerry用アプリ販売/配布サイト「BlackBerry App World」をオープン |IT-Pro
  41. ^ BlackBerry Appworld
  42. ^ 日本版BlackBerry App World
  43. ^ 「BlackBerry App World 2.0」が登場、ID機能など追加(ケータイWatch)
  44. ^ ベリーストアβ版
  45. ^ デスクトップソフトウェアRIMサイト
  46. ^ デスクトップマネージャー対応オーガナイザー(Windows)
  47. ^ デスクトップマネージャー対応オーガナイザー(MAC)
  48. ^ BlackBerryセキュリティーに関するニュース記事
  49. ^ UAE、ブラックベリー使用禁止へ 「通信監視難しい」(毎日新聞社)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BlackBerry」の関連用語

BlackBerryのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



BlackBerryのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBlackBerry (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS