銀錠 現代

銀錠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/22 14:51 UTC 版)

現代

現在では、貨幣としての銀錠は廃れたが、中国では富の象徴、縁起物として使われており、めでたい席で絵に描かれたり模造品が飾られたりする事がある。この際は、銀錠の名称ではなく元宝の名前で呼ばれる事が多く、また飾られるものも金色のものが多い。なお、餃子の形状自体が、財運を招くために銀錠の形を模した、とする伝承があり、中国では新年に財運向上を願って餃子を大食いする風習がある地域がある。現代では銀錠(元宝)形状のお菓子を作って売りだしたり風水アイテムなどの触れ込みで売りに出されている事も多い。


関連項目

参考文献




  1. ^ [1]日本銀行政策研究所 中国貨幣の歴史
  2. ^ 『輝きふたたび 石見銀山展』島根県立古代出雲歴史博物館、石見銀山資料館、2007年
  3. ^ 田谷博吉 『近世銀座の研究』 吉川弘文館、1963年


「銀錠」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

すべての辞書の索引



Weblioのサービス

「銀錠」の関連用語

1
16% |||||


3
16% |||||

4
14% |||||

5
12% |||||

6
12% |||||


8
6% |||||

9
6% |||||

10
6% |||||

銀錠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



銀錠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀錠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS