広岡達朗 管理野球

広岡達朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 10:59 UTC 版)

管理野球

監督としての広岡は、徹底した「管理野球」[注 4]で有名である[6][52][158]。選手の役割分担を決め、それぞれの役割を完璧に果たすように教育し鍛え上げる。綿密にスケジュールを組んで選手を管理する[6]。夜遊びや度を越した飲酒を禁止し、食事のメニューまで規制を加えた[6][159]。「私の野球スタイルは、海軍の“軍律”と同じ。上官の命令への絶対服従が当たり前。ファンのため、チームのために自分の生活を賭けて死にもの狂いで戦うのに、『監督の指示に従えません』では勝てない」と述べている[6]。集団行動の規律を重要視する組織野球は「管理野球」と呼ばれた[160][161]。それがチームのためであり、選手自身のためだという論理である[160]。広岡は、「万全のコンディションでプレーするためには当然のこと」「プロの選手にとって、グラウンドがすべて。いいかげんな体調でグラウンドに出てくることは許されない」[162]と、その管理は選手の私生活にまで及んだ。

プロ野球選手の食生活に疑問を抱いたのは、指導者としてのスタートとなった広島カープのコーチ時代から[39][43]。広島カープの日南キャンプは、晩飯に焼肉がでて、ビールがズラーッと並んで和気あいあいと食っている観光旅行のようだったという。根本にキャンプ中の禁酒を申し入れたら広島の選手は素直に聞いた[43]。広島コーチ時代の二年間は厳しい基礎練習を繰り返した、広島伝統の猛練習の礎は当時の我々コーチ陣が作ったものと述べている[43]。ヤクルト時代には、アキレス腱の持病を持つ若松勉が、遠征の移動のバスに乗るとすぐに缶ビールを買い込んでくるので、アルコールが故障にいいはずがないと言い聞かせた。若松は反発したがいい方に作用した。若松も「広岡さんにも良くしてもらいましたし、いろんなことを学び、大きな影響を受けました」と述べている[163]

ヤクルトでは、監督時代、チームに故障者があまりにも多く出たので、ある日神宮球場のベンチで『なんで、こう故障者が多いんだろう』と嘆いた時、顔はときどき見かけるが名前も知らない人から『食べ物が悪いんじゃないの。白米を玄米に変えるといいと聞きますよ』と声を掛けられる。これをきっかけに玄米を取り寄せ自分でも食べ始める。食物関係の書物を読み漁るなど勉強を重ね、やがて自然食に行きついた。その過程で医学博士の森下敬一[注 5]と面識ができる。自身で1年にわたって玄米や自然食を摂取し続けた結果、効果があると判断し、選手たちに自然食を奨めるようになる[164]

また重量挙げなどのごく一部のスポーツ選手以外は行っていなかった本格的なウエイトトレーニングを体系立ててチームに導入している。ウエイトトレーニングを導入した経緯は、2位になった1977年のシーズン終盤、選手がロッカーにゴルフ道具を持って来たり、オフにどこかの温泉に行こうとか、そんな話ばかり始めたため、シーズンは終わっても野球が終わるわけではない、体の回復とレベルアップを図るには基礎体力を付けることが一番いいという理由で始めた[52]。選手には『シーズンの疲れは完全に休んだら抜けることは絶対に無い。人間の体は動かしていないと駄目だ』と言い渡し、選手から大反発を買ったものの、ユマのキャンプでサンディエゴ・パドレスのクラブハウスに行ったら、真ん中にウエイトトレーニングの機械があってパドレスの選手たちが普通にやっているので、それを目撃して素直に納得したのだという[63]

1982年に西武監督に就任した際には、それまでの禁酒、禁煙、禁麻雀に加え、選手の食生活の改善から着手し、ヤクルト監督時代から自ら進めていた玄米食・自然食品摂取をチームに強要、肉の摂取量を制限した[38][159][165][166](ただ、「あくまでも『制限』であって『禁止』ではない」と後に広岡はマスコミの誇張表現に対し牽制している[158][167])。上述の森下敬一を呼んでコーチ、選手全員を参加させ「夫がグラウンドでいい仕事が出来るよう参考に」と妻帯者の選手の夫人にも参加を呼びかけ講演会を行った[162][167][168][169]。当時はスタミナ作りに肉はかかせない、特にスポーツ選手はたくさん食べないと肉体が維持できないという考え方が大勢を占めていたが[122]、この講演に「は腐った食物である。牛乳農薬がかかった牧草を食べた牛からしぼり取るものなので、を飲んでいるようなもの」といった内容があったため[167][170]、この講演会を報道で知った日本ハムの大社義規社長が烈火の如く怒り[167]、親会社が日本ハムの大沢啓二監督が「草の葉っぱを食べているヤギさんチームに負ける訳にはいかない」と挑発した[41]。 実際は、これら肉や牛乳、ビタミン類が失われている白米より、玄米や雑穀類、豆乳などの方が栄養価が比較的高く自然治癒力もつきやすいという意味であり、肉食が全面的にいけないといっているのではなく食べ過ぎるなという意味で、魚介類、野菜、果物で栄養のバランスをとったほうが身体にいい[167][168][171]、酸性偏重の食生活の改善[172]という程度の要旨であった。

当時の日本ハムのキャンプには、本社から何十キロという新鮮な肉が差し入れされ、1日目がステーキ、2日目がトンカツ、3日目はすき焼きと肉中心のメニューを組んでいた[167]。元々、豆乳はヤクルト監督時代にも導入したことがあったが、乳酸菌飲料を扱う親会社の強い圧力で一週間で中止に追い込まれていた[167]。当時の野球選手は試合のあとはビールを飲んで肉を食うのが当たり前で、暴飲暴食しがちで、肉食に偏ることが多かった[173]。広岡は合宿所の食事に上記の自然食品摂取の他、化学調味料精製された砂糖をも排したと1982年の著書で既に記している[168][174]。広岡は西武監督時代に読んだロバート・ハースの書いた『食べて勝つ』(講談社、1985年)から大きな影響を受けたと話している[175]。前述の「肉や牛乳は腐った食物」発言は、親会社の系列スーパーから大クレームを受けたが、広岡は親会社の意向を無視して自分の考えを貫き通した。その姿に、選手は"怖さ"を感じ、それがチーム変革のパワーとなった[90]

しかし、チーム内での反発も大きく、遠征時の外食が増えるなど首脳陣の目を盗むような事実があったことは、後に西武の監督を経験した森や渡辺久信[176]からも指摘されている。大沢は著書で「ファイターズの主催試合の時は、時々、西武のベテラン選手達が俺の所に訪ねてきて、「白ご飯を食べさせてください」と頼みにきたから、食堂で喰わせてやったんだが、いい歳した体の大きな選手たちが「うまい。うまい」と泣きながら喰うわけさ」と述べている[77]。特に森は西武監督就任時に、玄米食を白米食に移行し試合後の食前酒も解禁した[177]。なお、広岡自身の食生活は何ら制限を行っておらず、51歳で(美食家が罹るとされる)痛風、70歳と80歳で2度脳卒中に罹患した。のちに広岡はホルモンをよく食べ、日本酒も毎晩1合7勺飲んでいたことを明らかにしている[178]

広岡には冷淡、冷酷イメージが付きまとうが[179]、広岡をよく知る人たちは、それとは程遠い優しい神経の持ち主で、かつ冗談も多く愉快な面が多いと話す[179]1983年の日本シリーズで第5戦を落とし巨人に王手をかけられた夜、池袋サンシャインホテルでのミーティングでマイクを持って、開口一番「カラオケはないのか」と話し、土壇場に追い込まれたナインのショックを和らげる平常心のこの一言に、ナインの沈み切った胸中を一挙に打ち払っての笑い声は部屋中にこだました[179]。本来ならあの状況であるだけに監督自身が一番固くなって、もう負けられぬという緊張感に陥ってしまうところを、さりげなく「カラオケはないのか」の発言でナインに笑いを求めたあたりの呼吸の良さに、当時西武のスコアラーだった尾張久次は唸ったという[179]。この後、広岡は第6戦、第7戦における巨人-西武の投手陣の比較から始まって最後には「どう考えても西武に負ける要素はない」と断言し、力強い堂々たる意気込みに、思わずナインは引き込まれ、完全に広岡に暗示にかけられていたという[179]


注釈

  1. ^ 週刊ベースボールに連載されているコラム『「やれ」と言える信念』や「日本の野球殿堂の表記においては、旧字体を用いた「廣岡 達朗」の名義としている[1]
  2. ^ 『巨人軍5000勝の記憶』では、「1年目のまま打てばいいものを、理論派であるだけに考えすぎたのが、3割に復帰できない理由だと言われた。しかし意外性のある打者ではあった」という評価が記されている。
  3. ^ 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(30)、2010年8月31日分より。なお、広岡の挙式には監督である水原茂も出席していたが、当日に別室で水原から厚い信頼を得ていたコーチ2名と選手1名が解雇を言い渡されている。
  4. ^ 「管理野球」という名称は、広岡がヤクルト監督時代の『'79年度版 プロ野球選手名鑑』(恒文社)の記事に見られる(『'79年度版 プロ野球選手名鑑』恒文社、1979年、43頁)。
  5. ^ 医学博士、お茶の水クリニック院長。「森下自然医学療法」を提唱する。

出典

  1. ^ 廣岡 達朗 野球殿堂博物館
  2. ^ a b 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(2)、2010年8月2日
  3. ^ #レジェンド【ありがとう八十年(47)】広岡達朗、キャンプに参加…わいた東京六大学への興味【ありがとう八十年(47)】広岡達朗、キャンプに参加…わいた東京六大学への興味
  4. ^ 巨人OB広岡達朗氏「個人的には広島が勝てばいいと思います」
  5. ^ 巨人OB・広岡達朗氏 高橋由伸監督擁立に「軽率で言語道断」
  6. ^ a b c d e #レジェンド【ありがとう八十年(45)】広岡達朗、生まれ育った海軍の街で培った“軍律”【ありがとう八十年(45)】広岡達朗、生まれ育った海軍の街で培った“軍律”
  7. ^ #生きて<2>
  8. ^ #生きて<3>
  9. ^ 広岡達朗「一塁送球を捕ってくれない川上さんから学んだこと」サンケイスポーツ編『レジェンドが語るあの日、あのとき』産経新聞出版、2015年、p105
  10. ^ 日本経済新聞2010年8月3日36面「私の履歴書 広岡達朗③ 悪送球で甲子園を逃す 3年になりやっと本格練習」日本経済新聞縮刷版2010年8月p120
  11. ^ #生きて<5>
  12. ^ 日本経済新聞2010年8月4日36面「私の履歴書 広岡達朗④ 2年春に優勝決定打 連帯責任から支え合い学ぶ」日本経済新聞縮刷版2010年8月p172
  13. ^ 日本経済新聞2010年8月5日40面「私の履歴書 広岡達朗⑤ プロの技術に面食らう 平井先輩の教え受け新人王」日本経済新聞縮刷版2010年8月p230
  14. ^ #レジェンド【ありがとう八十年(51)】広岡達朗、川上さんに反逆「あんな下手なファーストじゃ…」【ありがとう八十年(51)】広岡達朗、川上さんに反逆「あんな下手なファーストじゃ…」
  15. ^ a b c その30 巨人・広岡と阪神・吉田のグラブ - 野球体育博物館
  16. ^ 【8月15日】1954年(昭29) 黄金ルーキー広岡、Wヘッダーで先頭打者本塁打”. スポーツニッポン (2007年8月1日). 2008年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月19日閲覧。
  17. ^ a b #ウォッチング60-61頁
  18. ^ 【川上哲治と落合博満の超打撃論その1】「ボールが止まって見えた」の真実(横尾弘一)”. Yahoo!ニュース (2020年7月1日). 2021年1月28日閲覧。
  19. ^ #レジェンド【ありがとう八十年(52)】広岡達朗、軽口からできた川上さんとの溝【ありがとう八十年(52)】広岡達朗、軽口からできた川上さんとの溝
  20. ^ 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(6)、2010年8月6日
  21. ^ 読売新聞1960年11月19日7面「巨人新監督に川上」読売新聞1960年11月p391
  22. ^ a b 「私だけが知る『巨人V9の真実』第7回 荒川博」週刊ポスト、2014年10月3日号、138頁
  23. ^ 広岡達朗『意識革命のすすめ』講談社文庫、1986年、p144
  24. ^ 広岡、1986年、p145
  25. ^ 広岡、1986年、p147
  26. ^ 広岡、1986年、p148
  27. ^ 川上貴光『父の背番号は16だった』朝日文庫、1995年、p394
  28. ^ 広岡、1986年、p150
  29. ^ 広岡、1986年、p151
  30. ^ 広岡、1986年、p152
  31. ^ 広岡、1986年、p164
  32. ^ 広岡、1986年、p166
  33. ^ 広岡、1986年、p170
  34. ^ 広岡、1986年、p170
  35. ^ 広岡、1986年、p172
  36. ^ 広岡達朗『監督論 人は「育つ」ことを選手に教えられた』集英社インターナショナル、2004年、p197
  37. ^ a b #レジェンド【ありがとう八十年(57)】広岡達朗、35歳“新人記者”をしごいてくれた鬼デスク
  38. ^ a b c d e f g 広岡達朗が語る、強者を作る指揮官の理論強いチームの監督に必要な素養 週刊ベースボールONLINE
  39. ^ a b c 中国新聞 | 生きて | <12> カープコーチ 指導者として実績積む
  40. ^ 日めくりプロ野球09年1月
    コイのぼれ
    山本浩二 | 名球会コラム | 日本プロ野球名球会
    衣笠 祥雄|プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2
  41. ^ a b 「上田阪急vs広岡西武 熱パの盟主を賭けた『よさこい戦争』多角的分析」週刊サンケイ、1982年3月4日号、23-26頁
  42. ^ 「上田・広岡にみるリーダーの条件 『広島学校』で培われた部下掌握術」サンデー毎日、1980年11月2日号、17-21頁
  43. ^ a b c d e 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(14)、2010年8月15日
  44. ^ #レジェンド【ありがとう八十年(54)】広岡達朗、外野手・苑田を内野手に育てる【ありがとう八十年(54)】広岡達朗、外野手・苑田を内野手に育てる
  45. ^ #生きて<1>
  46. ^ 広岡、1986年、p195-p196
  47. ^ a b #レジェンド【ありがとう八十年(55)】広岡達朗「選手を一人前に育てる責任がある」
  48. ^ a b 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(16)、2010年8月17日
  49. ^ a b 【8月17日】1979年(昭54) 日本一監督・広岡達朗 10カ月で解任のワケ (archive)
  50. ^ #ウォッチング63頁
  51. ^ 小野俊哉『プロ野球 最強の監督』、中央公論新社、2012年、198頁
  52. ^ a b c 広岡達朗氏「プロ野球監督は勉強不足すぎる ... - 東洋経済オンライン
  53. ^ #生きて<13>
  54. ^ a b c d 辺見庸『新・屈せざる者たち』朝日新聞社、1988年、195頁
  55. ^ スポーツニッポン、2013年2月18日20面、池井優『ハロー、マニエル、元気かい プロ野球外人選手列伝②』創隆社、1985年、34頁
  56. ^ a b サンデー毎日、1981年11月1日号、26-29頁
  57. ^ スワローズ全史(ベースボールマガジン社、2020年6月17日発行)p.34-35「時代の証言者 広岡達朗」
  58. ^ a b プロ野球レジェンドが語るあの日、あのとき、産経新聞出版、P127、2015年
  59. ^ a b c 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(17)、2010年8月18日
  60. ^ #レジェンド【ありがとう八十年(56)】広岡達朗、水谷を日本一の遊撃手に…「素質ない」も諦めず指導【ありがとう八十年(56)】広岡達朗、水谷を日本一の遊撃手に…「素質ない」も諦めず指導
  61. ^ a b c d e 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(18)、2010年8月19日
  62. ^ ヤクルト海外初キャンプ 笑いと驚きの珍道中 - ZAKZAK
  63. ^ a b c 週刊朝日朝日新聞社、1978年12月1日号、29-31頁
  64. ^ a b c d e 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(19)、2010年8月20日
  65. ^ 週刊新潮、1982年1月28日号、47頁
  66. ^ 『Sports graphic Numberベスト・セレクションII』Sports Graphic Number文藝春秋、1988年、56-63頁
  67. ^ 『巨人軍5000勝の記憶』p.37ほか
  68. ^ a b c 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(20)、2010年8月21日
  69. ^ 週刊朝日、1979年8月31日号、24-26頁
  70. ^ スポーツニッポン連載「我が道 近藤昭仁118」2011年12月19日付け
  71. ^ a b c d e f g 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(21)、2010年8月22日
  72. ^ 週刊新潮、1981年11月12日号、148頁
  73. ^ 海老沢泰久『みんなジャイアンツを愛していた』新潮文庫、1987年、p119-p120
  74. ^ a b #レジェンド【ありがとう八十年(61)】広岡達朗、「管理野球」でいきなり連続日本一【ありがとう八十年(61)】広岡達朗、「管理野球」でいきなり連続日本一
  75. ^ #レジェンド【ありがとう八十年(60)】広岡達朗、82年就任「教育と優勝」二つの命題に挑む【ありがとう八十年(60)】広岡達朗、82年就任「教育と優勝」二つの命題に挑む
  76. ^ a b c 「虎四ミーティング~限界への挑戦記~」 田淵幸一さん(野球解説者)
  77. ^ a b 大沢啓二『球道無頼』集英社、1996年、180-181頁
  78. ^ a b 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(24)、2010年8月25日
  79. ^ 大沢啓二『球道無頼』、187、200-201頁
  80. ^ a b c #生きて<15>
  81. ^ a b c d e 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(25)、2010年8月26日
  82. ^ a b c d e f スポーツニッポン 2018年4月13日 11版 伊東勤の我が道
  83. ^ 阿部牧郎『われらのプロ野球』1996年、中央公論社、19-36頁
  84. ^ 【9月10日】1984年(昭59) 「もう疲れた」江夏豊“最後の登板”は1安打投球も寂しく…
  85. ^ 永谷脩の仕事 プロ野球ベストセレクション 珠玉の53篇 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス)) 文藝春秋、2016年、P24-P26
  86. ^ 浜田昭八・田坂貢二(2001)『球界地図を変えた男・根本陸夫』日経ビジネス人文庫、2001年、p155
  87. ^ a b c d よみがえる1980年代のプロ野球 Part.1 [1985年編] (週刊ベースボール別冊空風号) (週刊ベースボール別冊立春号)ベースボール・マガジン社、2020年、72頁
  88. ^ 巨人ご意見番・広岡氏“激怒”…高橋由に“引退勧告” - スポーツ:ZAKZAK
  89. ^ a b c 週刊ベースボールベースボール・マガジン社、2013年9月30日号、22、23頁
  90. ^ a b 週刊文春、2010年4月15日号、115頁
  91. ^ a b c 『昭和40年男』2013年10月号、クレタパブリッシング、106-109頁
  92. ^ 8/6 広岡達朗元監督が来場 | 埼玉西武ライオンズ オフィシャルニュース
  93. ^ スポーツニッポン、2011年11月14日付
  94. ^ 『元・阪神』竹書房、2002年、179、180頁
  95. ^ a b c 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(27)、2010年8月28日
  96. ^ a b c #生きて<16>
  97. ^ a b 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(28)、2010年8月29日
  98. ^ 優勝請負人・広岡達朗の挑戦 - NHK クローズアップ現代
  99. ^ ここがヘンだよプロ野球 中途半端な権限のGM制度(2/2) - OCNスポーツ 【球談徒然】広岡GMエリート入団させメジャー野手への「羨望」払拭
  100. ^ a b c 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(29)、2010年8月30日
  101. ^ 広岡著、巨人への遺言プロ野球 生き残りの道 幻冬舎、2016年、P75
  102. ^ 広岡GMエリート入団させメジャー野手への「羨望」払拭 - ZAKZAK
  103. ^ a b 東京スポーツ連載「標なき道 石毛宏典⑬」2012年5月29日
  104. ^ 二宮清純「広岡流から学ぶこと」 | SEIJUNプレミアム | 現代ビジネス+【あの人あの話題】今、広岡達朗氏がモテモテ〜!そのワケは - ZAKZAK南球団社長、広岡氏の指導継続を希望 、サンケイスポーツ、2012年1月24日付
  105. ^ 広岡氏 中日コーチ陣を指導「中日に守備のうまい選手はいない」
  106. ^ a b 夕刊フジ、2007年10月4日44面
  107. ^ 週刊ベースボール2020年6月28日増刊号、66頁ほか。
  108. ^ 『海を渡った牛若丸』、36、37頁
  109. ^ 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(7)、2010年8月7日
  110. ^ #レジェンド【ありがとう八十年(53)】広岡達朗、捕球&送球の基本練習【ありがとう八十年(53)】広岡達朗、捕球&送球の基本練習
  111. ^ 『巨人軍の男たち』174頁
  112. ^ 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』213頁
  113. ^ 関根潤三『一勝二敗の勝者論』佼成出版社、1990年、104頁
  114. ^ スポーツニッポン連載「我が道 近藤昭仁18〜20」2011年12月19日 - 21日
  115. ^ テリー伊藤著、お笑いプロ野球殿堂 ダメ監督列伝、P253,光文社,2004年
  116. ^ 福岡ソフトバンク・工藤公康監督 あえて選手を怒らせ力を引き出す手腕
  117. ^ 田淵幸一『新猛虎伝説』、光文社、2003年、81、82頁
  118. ^ インタビュー 田淵幸一氏 デッドボールと腎臓炎 選手生命の危機で
  119. ^ a b 「ライオンズ60年史」 74-77頁
  120. ^ asahi.com:石毛氏が誕生秘話出版-マイタウン愛媛
  121. ^ 東京スポーツ連載「標なき道 石毛宏典⑫」2012年5月25日
  122. ^ a b c 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(22)、2010年8月23日
  123. ^ a b 東京スポーツ連載「標なき道 石毛宏典⑭⑮」2012年5月30、31日
  124. ^ a b “中村GM「広岡式」で虎復活へ”. 東京スポーツ. (2012年9月7日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/36977/ 2021年7月10日閲覧。 阪神の藤浪育成法は「広岡流」 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
  125. ^ 東京スポーツ、2012年9月7日付
  126. ^ 週刊朝日朝日新聞出版、2009年4月10日号、35頁、週刊ポスト、2009年2月6日号、68、69頁
  127. ^ SPORTS COMMUNICATIONS - 西武、4年ぶりリーグ制覇!
  128. ^ 【11月12日】1982年(昭57) 工藤公康“プロ初先発”はメロメロ 追試もボロボロ Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.、ゲンダイネットSPORTS COMMUNICATIONS - 工藤公康の投球論<後編>もりやまタイムス平成24年3月号【5月23日】2007年(平19) 工藤公康、セ最年長記録「一番長くて忘れられない1勝」 Archived 2016年7月11日, at the Wayback Machine.
  129. ^ 『粗食は最強の体をつくる!』三笠書房、2006年他
  130. ^ 日本経済新聞2012年3月6日37面
  131. ^ <朝日新聞×マイナビ転職>Heroes File〜挑戦者たち〜 工藤公康さんvol.1
  132. ^ 人の自立を促すのが真のリーダー 野球評論家 工藤公康
  133. ^ 工藤公康さん(3/3) - インタビュー - ひと - [どらく
  134. ^ 週刊文春株式会社文藝春秋、2012年5月3、10日号、198頁
  135. ^ #ウォッチング80頁
  136. ^ スコラマガジン刊 スコラムック「僕たちが愛したプロ野球80年代パ・リーグ」2014年3月29日、30-31頁
  137. ^ 伊東勤 TSUTOMU ITOH Official Website: Q&A(archive)、西武黄金時代OBの著書が面白い。辻&伊東が語る清原、広岡、玄米。
  138. ^ 辻発彦「西武は最強の“アマチュア野球”」 SPORTS COMMUNICATIONS
  139. ^ 西武・辻新監督 常勝復活へ鬼になる!原点は広岡監督の教え
  140. ^ プロ野球西武の監督に就任した辻発彦さん =ひと 人= 佐賀新聞
  141. ^ 西武・辻新監督が歩む広岡氏の道 自ら手本「守備は今でも誰にも負けない」
  142. ^ 【球界風雲児デーブ】広岡監督が掲げる「玄米食」で下痢に ... - ZAKZAK
  143. ^ 永谷脩『タフに生きる』世界文化社、1991年、138頁
  144. ^ 球場が呼んでいる(田尾安志)首脳陣・フロントが押さえたい大物新人のトリセツ - 日本経済新聞、2019年2月24日
  145. ^ 【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.2 [1986年編] (週刊ベースボール別冊冬桜号)ベースボール・マガジン社、2019年、16頁
  146. ^ 週刊文春、2009年11月26日号、115頁
    週刊ベースボールベースボール・マガジン社、2009年11月15日号、105頁
    vol.6 尾花高夫 - ライフ - ORICON STYLE
    横浜ベイスターズ監督 尾花 高夫 氏|インタビュー|社団法人横浜中法人会
    尾花 高夫さん | 南区 | タウンニュース
  147. ^ 燕・小川流“広岡+野村”で黄金期再び! (1/2ページ) SANSPO.COM
  148. ^ スポーツニッポン2010年10月21日4面
  149. ^ a b 中島国章『プロ野球通訳奮闘記 涙と笑いの異文化交流』日本放送出版協会、1994年、46、77頁
  150. ^ 【8月4日】1979年(昭54) “赤鬼”マニエル、“アメフット”スタイルで復活スポーツニッポン2008年11月17日5面、週刊現代、2011年12月24、31日号、182頁
  151. ^ 板東英二・江夏豊『オレたちだから言えるんだ』山手書房、1985年、122頁
  152. ^ 我が道 | 野球人 東尾修のスポニチ連載コラム
  153. ^ テレビ朝日出版部『オレにも言わせろ!日本人とプロ野球』、1989年、213、214頁
  154. ^ #堀84-85頁
  155. ^ 巨人への遺言プロ野球 生き残りの道、P24
  156. ^ 巨人への遺言プロ野球 生き残りの道、P127
  157. ^ 広岡達朗氏 長嶋茂雄が巨人の理念を変えてしまったと語る(NEWSポストセブン)
  158. ^ a b 「ライオンズ60年史」 1950▷▷▷▷2010、ベースボール・マガジン社、2010年、、58、59、62、63、74-77、106、107頁、広岡達朗「僕は管理をしたんじゃない。ルールを教えたんです」 週刊ベースボールONLINEプロ野球「西武ライオンズ」が誕生した。 : あの日 この1枚No.18 - 我が道 | 野球人 東尾修のスポニチ連載コラム【球界風雲児デーブ】広岡監督、なんでボクをとったんですか ... - ZAKZAK
  159. ^ a b 広岡達朗監督「ケガを誘発するから、豆乳を飲め」
  160. ^ a b 『われらのプロ野球』、19頁
  161. ^ #生きて<14>
  162. ^ a b 関根潤三『一勝二敗の勝者論』、106頁
  163. ^ 若松 勉|プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2
  164. ^ 広岡達朗『意識革命のすすめ』講談社文庫、1984年、p211-212
  165. ^ 世界が認めた和食の知恵 - 新潮社
  166. ^ 広岡 達朗さん 野球評論家 | 「介護110番」総合案内
  167. ^ a b c d e f g 週刊文春、1982年2月4日号、176-179頁
  168. ^ a b c 教育学、111-116頁
  169. ^ 森繁和×二宮清純<後編>「バッターは飛ばないボールで工夫せよ!」 p2
  170. ^ 週刊新潮、1982年9月9日号、140頁、9月30日号、19頁
  171. ^ 二宮清純『スポーツ人健康管理学』ライト出版、1986年、103-106頁
  172. ^ サンデー毎日、1982年3月7日号、186頁
  173. ^ 『プロ野球 最強の監督』、188頁
  174. ^ 意識革命、111-116頁
  175. ^ 方程式、28-35頁
  176. ^ 渡辺久信『寛容力』講談社 ISBN 9784062150002、p.p.175-176
  177. ^ 森『覇道―心に刃をのせて』 p.35
  178. ^ 【私の養生訓 】脳卒中で二度も倒れた経験のある、広岡達朗氏(元プロ野球監督)ダイジェスト版”. BBMスポーツ. 2021年9月16日閲覧。
  179. ^ a b c d e 尾張久次『「尾張メモ」の全貌』講談社、1998年。ISBN 4-06-132119-6
  180. ^ 松井浩 『打撃の神髄-榎本喜八伝』、229頁
    ボビー・バレンタイン 『1000本ノックを超えて』、永岡書店、1996年
  181. ^ a b c 「私の履歴書」日本経済新聞社連載(9)、2010年8月10日
  182. ^ 『巨人軍の男たち』174頁
  183. ^ 歴代授賞者”. 日本プロスポーツ大賞. 公益財団法人日本プロスポーツ協会. 2017年11月25日閲覧。
  184. ^ 東京都文化賞・都民文化栄誉章”. 文化振興. 東京都生活文化局. 2017年12月4日閲覧。
  185. ^ 巨人への遺言”. 幻冬舎. 2016年3月21日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広岡達朗」の関連用語

広岡達朗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



広岡達朗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広岡達朗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS