パルミチン酸レチノール 発がん性の議論

パルミチン酸レチノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/31 10:56 UTC 版)

発がん性の議論

1987年に米国の専門員会による安全性評価では、レチノールとパルミチン酸レチノールは化粧品成分として安全だとした[6]

2010年ごろ、動物実験で高用量のパルミチン酸レチノールによって癌化が促されたと、Environmental Working Group英語版 (EWG) と米国上院議員チャック・シューマーが注意を呼び掛け[7]、大衆紙が日焼け止めの是非の議論に火を注いだ[8]。毒性分析では、日焼け止め中のパルミチン酸レチノールが発がん性であることを裏付ける証拠はなかったとした[8] EWGはこの知見には不備があると反論した[9]。その後、米国国家毒性プログラムの技術報告書は、アジピン酸ジイソプロピルがマウスの皮膚の腫瘍の発生率を上げ、レチノイン酸やパルミチン酸レチノールはその比率を上昇させたとした[10]。パルミチン酸レチノールの0.1%と0.5%クリームを用い、0.5%でのみ悪性腫瘍の増加が見られたもので、マウスはヒトより表皮が薄く皮膚がんを発症する傾向が強いことが知られており、ヒトへとそのまま適応するには注意が必要となる[1]。専門委員会は2012年の米国国歌毒性プログラムの光発がん性試験を厳格に調査し、手法的な欠陥があると指摘したため、追加の試験が行われる可能性がある[6]

ヒトでは、様々なレチノイドの内服薬が皮膚がんのリスクの高い皮膚疾患の癌化を予防しており、また内服薬とレチノイド外用薬が広く使われているが皮膚がんのリスクを高めたということは報告されていない[1]


  1. ^ a b c d e Burnett ME, Wang SQ (2011年4月). “Current sunscreen controversies: a critical review”. Photodermatol Photoimmunol Photomed (2): 58–67. doi:10.1111/j.1600-0781.2011.00557.x. PMID 21392107. https://doi.org/10.1111/j.1600-0781.2011.00557.x. 
  2. ^ a b c Fu PP, Cheng SH, Coop L, et al. (2003年11月). “Photoreaction, phototoxicity, and photocarcinogenicity of retinoids”. J Environ Sci Health C Environ Carcinog Ecotoxicol Re (2): 165–97. doi:10.1081/GNC-120026235. PMID 15845224. 
  3. ^ ビタミンA - (オレゴン州大学・ライナス・ポーリング研究所)
  4. ^ Babamiri K, Nassab R (2010年1月). “Cosmeceuticals: the evidence behind the retinoids”. Aesthet Surg J (1): 74–7. doi:10.1177/1090820X09360704. PMID 20442078. https://doi.org/10.1177/1090820X09360704. 
  5. ^ Antille C, Tran C, Sorg O, Carraux P, Didierjean L, Saurat JH (2003年11月). “Vitamin A exerts a photoprotective action in skin by absorbing ultraviolet B radiation”. J. Invest. Dermatol. (5): 1163–7. doi:10.1046/j.1523-1747.2003.12519.x. PMID 14708621. https://doi.org/10.1046/j.1523-1747.2003.12519.x. 
  6. ^ a b Johnson W (2017年). “Retinol and Retinyl Palmitate”. Int. J. Toxicol. (5_suppl2): 53S–58S. doi:10.1177/1091581817716657. PMID 29025343. https://doi.org/10.1177/1091581817716657. 
  7. ^ Possible link between ingredient in sunscreen and skin cancer: Schumer”. New York Daily News (2010年6月14日). 2018年12月30日閲覧。
  8. ^ a b Wang, SQ; Dusza, SW; Lim, HW (2010年). “Safety of retinyl palmitate in sunscreens: a critical analysis.”. Journal of the American Academy of Dermatology 63 (5): 903–6. doi:10.1016/j.jaad.2010.07.015. PMID 20692724. 
  9. ^ Vitamin A Data Hits a Nerve in the Sunscreen Industry”. Southeast Green. 2018年12月30日閲覧。
  10. ^ 米国国家毒性プログラム. (2012). NTP technical report on the photocarcinogenesis study of retinoic acid and retinyl palmitate [CAS Nos. 302-79-4 (All-trans-retinoic acid) and 79-81-2 (All-trans-retinyl palmitate)] in SKH-1 mice (Simulated solar light and topical application study). Available at http://ntp.niehs.nih.gov/ntp/htdocs/LT_rpts/TR568_508.pdf. Accessed September 19, 2013.
  11. ^ (pdf) Safe vitamin A dosage during pregnancy and lactation, 世界保健機関, (1998), http://whqlibdoc.who.int/hq/1998/WHO_NUT_98.4_eng.pdf .


「パルミチン酸レチノール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パルミチン酸レチノール」の関連用語

パルミチン酸レチノールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パルミチン酸レチノールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパルミチン酸レチノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS