トヨタ自動車 歴史

トヨタ自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 15:02 UTC 版)

歴史

創業

トヨタグループ創始者 豊田佐吉
1936年に発売されたAA型乗用車(復元車)

豊田佐吉愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)に創業した豊田自動織機製作所(現・豊田自動織機内に、1933年(昭和8年)9月に開設された自動車部がトヨタ自動車の起源である。同部門は、「中京デトロイト化構想」の創案者で大同メタル工業創立者の川越庸一豊田喜一郎を説き伏せ、設置に至った。

初代自動車部部長にはその川越庸一を迎え入れ、佐吉の息子である豊田喜一郎[注釈 1] が中心となって設立したが、初代社長は佐吉の娘婿で喜一郎の義兄である豊田利三郎が就いた。

実質的創業者の第2代社長 豊田喜一郎

織機製作における鋳造機械加工技術などのノウハウを活かし、研究期間を経て1935年(昭和10年)11月にG1型トラックを発表。翌1936年(昭和11年)9月に、同社初の量産乗用車であるAA型乗用車と、同時にG1型の改良型であるGA型トラックを発表した。これまで豊田自動織機製作所の自動車部として刈谷町(現・刈谷市)で開発・製造されていたが、1937年(昭和12年)8月28日に独立した新会社が広大な敷地のある愛知県西加茂郡挙母町(現・豊田市)に設立され、本社と工場が設置された。本社工場が竣工した11月3日を創立記念日としている。

豊田自動織機製作所自動車部時代は、社名中の「豊田」の読みが「トヨダ」であったため、ロゴや刻印も英語は「TOYODA」であった。エンブレムは漢字の「豊田」を使用していた。しかし、1936年(昭和11年)夏に行われた新トヨダマークの公募で、約27,000点の応募作品から選ばれたのは「トヨダ」ではなく「トヨタ」(中島種夫[12])のマークだった。理由として、デザイン的にスマートであること、画数が8画で縁起がいいこと、個人名から離れ社会的存在へと発展することなどが挙げられている[13]。1936年9月25日に「トヨタ(TOYOTA)」の使用が開始され、翌年の自動車部門独立時も「トヨタ自動車工業株式会社」が社名に採用された。

本社が位置する豊田市は、奈良時代から約1,300年間「挙母(ころも、挙母市)」と称された。1959年(昭和34年)に「豊田(豊田市)」へ改称することを市議会で決議し、本社所在地の表示が「挙母市大字下市場字前山8番地」から「豊田市トヨタ町1番地」に変更された[14]。日本の企業城下町で、市名に企業名が採用されたのは稀な事例である。

初期

1941年に利三郎は会長に退き、第2代社長に創業者の喜一郎が就任した。日中戦争および太平洋戦争中は主に帝国陸軍向けのトラックと、少数のAA型乗用車、派生型のAB型(ABR型)・AC型などを生産した。航空機部門においては陸軍の要請で川崎重工業との合弁で東海航空工業(後のアイシン)を設立し、トヨタ自身も航空機用エンジンとなる「天風ハ13甲2型」を製造したほか、1943年には2人乗りのヘリコプターも試作した(下記参照)。1944年1月にはトヨタが軍需企業に指定されて軍需省の統制下に入った。1945年8月14日にはアメリカ軍の爆撃で挙母工場の約4分の1が破壊された。これは長崎市への原子爆弾投下を実施したチャールズ・スウィーニー指揮のアメリカ空軍第509混成部隊によるパンプキン爆弾の投下とされている。

挙母工場爆撃の翌日、8月15日に昭和天皇の玉音放送で日本の降伏が発表され、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)による日本統治が始まると、トヨタは民需企業への転換が認められ、月産1500台のトラック生産が許された。また、GHQによる財閥解体の対象からも逃れ、豊田喜一郎への公職追放も行われなかったため、戦後の自動車工業の復興において相対的に有利な立場に立った[注釈 2]。これ全国販売網の構築においても起こり、戦時中に自動車販売を一元的に統制していた日本自動車配給株式会社(日配)が解体された際、米軍統治に入った沖縄県を除く46都道府県の県内組織のうち7割の32都府県がトヨタの地域ディーラーへ移行し、1947年には全国販売網の形成がほぼ完成した[注釈 3][15]。なお、1946年1月19日にトヨタ自動車コロモ労働組合が結成され、同年7月には会社側と労働協約を締結した。同組合は1948年3月には日産自動車といすゞ自動車の労働組合とともに産業別労働組合である全日本自動車産業労働組合(全自動車)を結成し、同組合は全自動車東海支部トヨタコロモ分会として、全国労働組合連絡協議会(全労連)傘下で急進的な活動を展開した。

1950年危機

復興の歩みを進めていたトヨタだったが、1949年2月のドッジ・ライン開始に伴い日本経済はデフレと「安定恐慌」状態になり、トヨタは自動車販売の自由化を獲得したものの、公定価格制が残っていた中で資材の高騰に対し自動車販売価格の変更が遅れたこと、戦前の好調を支えた割賦販売方式も各顧客が返済期間の長期化を求めて売掛金が増加する影響を受けたことで、トヨタは1949年後半から明白に経営状況が悪化した。

同年12月16日、不採算部門だった社内の電装部を子会社として分離独立させた日本電装(現在のデンソー)で大規模な人員解雇(整理)策が提示されたのを皮切りに、トヨタの社内労組である全自動車東海支部トヨタコロモ分会は日本電装分会の支援とともに経営側との再建策協議を行い、12月23日には会社側が人員整理(解雇、リストラ)を絶対に行わず、組合側は賃金ベースの1割カットを承諾する覚え書きを交わした。

しかし1950年に入ってもトヨタの赤字は増大を続け、労組は4月9日から労働争議行動を開始し、会社側に経営再建計画の提出を要求した。4月24日に提示された会社側の再建案は、緊急融資を行った各銀行からの要求も受け、東京都区内にある芝浦工場[注釈 4]と田町工場の閉鎖、1600人の希望退職者募集、残留者の賃金1割カットなどとなり、労使間の激しい交渉が続いた。

その中で5月27日に豊田喜一郎社長が副社長や常務とともに辞任の意向を示し、6月5日に実際に辞任すると、会社側の早期解決希望を受けた組合側は6月10日に会社側と解決の覚書を交わした。これにより、既に1700人を超えていた希望退職の実施、両工場の閉鎖、賃金カットなどが行われ、結果として販売部門を含む全社員の4分の1を超える2146人が退職した(残留者は5996名)。7月18日には臨時取締役会で全役員の退任が決まり、親会社である豊田自動織機製作所の石田退三社長がトヨタ社長を兼任した。

トヨタ史上最大のこの危機は、労使覚書締結から半月後の6月25日に始まった朝鮮戦争で一気に解決へ向かった。国連軍としてアメリカ軍が直接参戦し、後方支援地域として日本の重要性が一気に高まると、トヨタも軍用トラック特需を受注して増産体制に入ったため倒産を回避し、その後も続く収益を利用して老朽化した設備の更新を実現して増産要請に応え、以後の発展へのインフラ整備に成功した。同時に技術者の中村健也の監督のもと、国産自家用車の開発を開始した。

この経営危機時、主力銀行だった帝国銀行東海銀行・大阪銀行の3行をはじめ、都銀地銀含めトヨタと取引のあった銀行25行のうち、大阪銀行を除く銀行24行による協調融資団が結成される[16]。その中、帝国銀行、東海銀行を中心とする銀行団の緊急融資の条件として、販売強化のために1950年4月3日にトヨタ自動車販売株式会社(トヨタ自販)が設立された。同社の社長には豊田自動織機による自動車生産の開始当初から販売部門の責任者を務め、戦争直後の販売網構築にも手腕を発揮した神谷正太郎が就任した。このとき融資に協力した帝国銀行と東海銀行が主力銀行となるが、上記の通りに融資条件に合理化も含まれており、トヨタは初の人員整理を断行している。帝国銀行は1954年に戦前の三井銀行に復称してもトヨタのメインバンクであり、その後もトヨタが三井グループの一員として、三井宗家に源流はないものの大きな影響力を行動する原因となった。また、東海銀行は愛知県を中核地域とする都市銀行として、UFJ銀行を経て三菱UFJ銀行に到るまで関係を維持した。

一方、経営危機の際、主力銀行の1つだった大阪銀行は、協調融資どころか逆に貸付金回収をおこない、「機屋に貸せても、鍛冶屋には貸せない(豊田自動織機に貸せても、トヨタ自動車には貸せない)」とにべもなく融資を断わっている。[16]これにより同行とは確執が生まれ、後継の住友銀行が三井銀行の後継であるさくら銀行と合併する(三井住友銀行)まで50年のあいだ取引を断絶。口座開設や取引を行わなかった。(ちなみに当時の融資担当常務は、後の同銀行頭取で堀田イズムと称さる合理主義的経営をとった堀田庄三である)。また、千代田銀行は取引解消に至らずも再建策に消極的であったことから、後継の三菱銀行は住友銀行ほどではないが、海外の資金調達や決済など一部に限られて東京銀行と合併する(東京三菱銀行、現・三菱UFJ銀行)まで45年のあいだ全面的な口座開設や取引はされなかった。

中興

カローラ。33年連続で国内販売台数1位を獲得し、日本のモータリゼーションの発展に貢献した。

喜一郎の後を継いだ石田退三社長の時代にクラウン(1955年)、コロナ(1957年)、ダイナ(1959年)、パブリカ(1961年)などロングセラーカーを開発し、販売網の整備を推し進めた。1956年クラウンがロンドン東京間を走破、国産自動車メーカー各社の自信となった。のちの中川不器男社長時代にスポーツ800(1965年)、カローラ(1966年)、ハイエース2000GT(1967年)などを発売。特にカローラの躍進により、トヨタは国内シェアトップを不動のものとした。このころから北米タイブラジルなどにも進出し、カローラが発売後10年の1974年に車名別世界販売台数1位になって、トヨタの急速な世界展開をリードした。

この一連の発展には1950年危機からの教訓があった。銀行団による融資引き上げや経営介入が前社長の豊田喜一郎や大量の社員を退職に追い込んだのを見た石田は「無借金経営」を志向し、停滞を知らない売上台数の拡大はこれを可能とした。三井銀行の規模はトヨタと取引を断絶した住友銀行や取引が限られた三菱銀行より小さかったこともあり、トヨタは三井銀行に対してむしろ融資をする側へと回った。

また、大量退職や賃金カットで痛手を負った労組側はその後も日本社会党が進める破壊活動防止法反対運動の政治闘争を続け、1951年7月からは経営側との労働協約が失効したが、上部団体の全自動車が1953年の日産争議敗北を契機にして苦境に立つと、トヨタ出身の岩淵達也委員長により全自動車は1954年に解散した。トヨタ労組は1955年1月には「トヨタ自動車労働組合」として産業別労働組合から企業別労働組合へと改組し、独立性を高めた。これは日本労働組合総評議会(総評)の最左派とも呼ばれた全自動車路線からの訣別を意味した。

トヨタ労組は1958年には労使協調路線を取って日産社内で主導権を握った日産自動車労働組合などと合同で全国自動車労組懇談会(全懇)を発足させ、1965年には日産以外の各社労働組合による自動車産業労働組合協議会(自動車労協)結成へとつながり、日本の自動車産業労働運動の主導権を握った。1972年には日産労連も合流した全日本自動車産業労働組合総連合会(自動車総連)発足にこぎ着け、労使協調と反共主義を中心とし1964年に発足した全日本労働総同盟(同盟)の有力組合として、同盟の強い支援を受けた民社党(民主社会党)を支え、特に愛知県内における右派系野党の優位を作り出した。社内では1974年2月28日に会社側と23年ぶりに労働協約を締結し、長年の対決に完全な終止符を打った。労使双方で目指されたこれらの安定志向や独立性の確保はその後のトヨタの企業体質を形成した。

このころ日本はOECDに加盟して外国車の輸入が自由化され、日本の自動車メーカーは生産力に勝るGMフォードに対抗するべく業界再編が行われていた。シェア首位のトヨタは私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)の関係で他社を吸収合併することが認められなかったため[17]1966年日野自動車[18]1967年ダイハツ工業[19]業務提携を締結した。日野はトヨタの生産ノウハウを吸収してトヨタの小型車生産を請け負い、ダイハツはカローラやパブリカの事実上の上級モデルであるシャルマンコンソルテを開発・販売しながら四輪開発の経験を積んだ。こうしてトヨタは「200万台体制」に向けた準備を整えた。一方、大量生産のペースを上げるトヨタ自工を販売面で支えたのがトヨタ自販だった。同社は1975年まで25年間社長、その後に4年間会長を務めた神谷正太郎により販売網の「同一県内マルチチャンネル化(複数販売網の構築)」に成功し、1961年には神谷が社長となった名古屋放送(現在の名古屋テレビ放送)の筆頭株主となった。

豊田英二社長の時代にセンチュリー1967年)、スプリンターマークII1968年)、カリーナセリカライトエース1970年)、スターレット1973年)、タウンエース1976年)、ターセルコルサ1978年)、カムリ1980年)、ソアラ1981年)などを発売し、公害問題や排ガス規制などに対処した。1980年にビスタ店を設立し、トヨタ店トヨペット店カローラ店オート店1998年に「(旧)ネッツ店」に改称)とともに「販売5チャネル体制」を確立した。

企業統廃合

ソアラはトヨタのイメージリーダーとして最新技術が多数投入された。

1982年7月1日、トヨタ自工とトヨタ自販が合併し、現在のトヨタ自動車株式会社となった[20]。新会社はトヨタ自工を合併前日にトヨタ自動車と改称して存続会社とする一方、社長には1981年にトヨタ自販の社長となっていた喜一郎の長男・豊田章一郞が就任し、佐吉の甥である英二はトヨタ自工の社長からトヨタ自動車の会長に退いて、自販側およびディーラーへの配慮を行った[21]。国内市場でビスタマスターエース1982年)、ハイラックスサーフMR21984年)、カリーナED1985年)、スープラ1986年)、セルシオ1989年)、ウィンダム1991年)など次世代のトヨタを担う車種を発売し、国内販売高トップの座を強固にした。

1989年アメリカを主要マーケットとしたトヨタの上級ブランド「レクサス」を立ち上げた。レクサス・LS (日本名、セルシオ) の成功は、日本車が高級乗用車としても通用することを証明した。

1992年に章一郞は社長を退き弟の豊田達郎が社長に就いた。バブル経済の崩壊は自動車業界を直撃してトヨタも影響を受けた。時代はトヨタの得意とするセダンクーペなどの高級感・格好良さより、SUVミニバンなどの実用性を重視する分野へと移り変わって行き、シェアは一時40%を切った。トヨタはセダンに力を入れる一方、ミニバンのエスティマ(1990年)や、クロスオーバーSUV(CUV)の先駆けとなるRAV41994年)を投入して状況に対応した。不況の続く中、1995年に達郎は高血圧で倒れ、副社長の奥田碩が社長職を継いだ。一方、会長となった豊田章一郎は1994年にトヨタ出身者で初めて経済団体連合会(旧経団連)の会長に就任し、その後に続くトヨタの財界活動活性化の流れを作った。

日本一の企業、世界一の自動車メーカーへ

第8代社長・第7代会長の奥田碩。積極的な海外販路拡大路線が推し進められた。

奥田は創業家出身の章一郞会長を後ろ盾に、業績が下降していたトヨタを再生させ、積極的な海外販路拡大路線を開始した。1997年に高級SUVの先駆けとなるハリアーと、世界初の量産ハイブリッドカープリウスの販売を開始し、1999年ヴィッツ発売を機に張富士夫に社長の座を譲った。張は奥田の海外販路拡大路線を推進し、2002年以降は年間50万台ものペースで海外販売台数が急拡大し始めた[22]2003年に2代目プリウスの販売を開始したが、この成功は「ハイブリッドカーを擁する環境先進企業・トヨタ」のイメージを確立させる事に成功した。2000年から部品の設計開発段階からの原価低減を目指したCCC21活動を開始し、ピーク時の2003年に3,000億円の原価低減を達成した[23]。2003年3月末集計における従業員数は65,551人、トヨタグループの連結子会社の合計は264,096人で日本最大、世界で第三位の企業規模となった。2004年に旧ネッツ店とビスタ店を統合して新生・ネッツ店として再出発した。

傘下企業の関係強化も進み、1998年にダイハツ工業[19]、2001年に日野自動車の株式の過半数を取得した[18]

また、奥田は1999年に日本経営者連合会(日経連)の会長、次いで日経連と経団連が2000年に合同して発足した日本経済団体連合会(経団連)の初代会長となり、トヨタは文字通りに日本のトップ企業として、社会全体に大きな影響力を行使するようになった。

この時期から名古屋市内に本社を置く中部財界とも関係強化が進んだ。トヨタが本社を置く豊田市(旧挙母地域)は愛知県内の東部を占める旧三河国の西部にあり、アイシン精機(現アイシン)や日本電装(現デンソー)が本社を置くのも同じく旧三河国で、豊田自動織機の隆盛の前は農業と小規模な手工業が中心の地域だった。一方、県庁所在地であり、日本の三大都市圏である名古屋都市圏の中核である名古屋市は愛知県西部の旧尾張国にあり、江戸時代には徳川御三家尾張藩の城下町として繁栄していた。この藩政以来の伝統を持つ松坂屋東海銀行、それに地域全体の社会インフラを維持運営する名古屋鉄道中部電力東邦ガスによる「五摂家」が名古屋市や愛知県、さらには中部圏全体の財界を代表して活動し、トヨタは表だった活動を控えてきた。しかし、五摂家の一つの東海銀行はトヨタのメインバンクでもあった上、世界一の自動車メーカーとなったトヨタの売上高は五摂家の各企業と桁違いに大きな額となり、むしろ有力子会社のデンソーやアイシンが同規模となるほどに成長したため、五摂家側からもトヨタとの関係強化を模索する動きが出始めた。この中、愛知県からの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参加チームとなるべく1991年に発足した名古屋グランパスエイトはトヨタを母体としつつ五摂家各企業の支援を受ける運営体制が取られるなど、トヨタと名古屋財界との協力関係が徐々に形成された。

1997年6月に「2005年日本国際博覧会」の愛知県内開催が決定し、「愛・地球博」の愛称も定まるとトヨタグループの積極的関与を求める声が県内の財界で高まった。その結果、博覧会の主催者として1997年10月に発足した財団法人2005年日本国際博覧会協会の会長には豊田章一郎が就任し、開催準備活動が本格化した2000年にトヨタ副会長の磯村巖名古屋商工会議所(名商)の会頭に就任した。磯村は両職に在任中の2004年1月に死去し、名商の会頭職は再びトヨタ以外から出るようになったが、2005年の「愛・地球博」(愛知万博)ではトヨタが「未来との共生」などをテーマとしたトヨタグループパビリオンで1人乗り用(パーソナルモビリティ)の「i-unit」を出展したほか、メインとなる長久手会場の場内輸送を担う無人・有人走行両立型の磁気誘導式バスシステム「IMTS」(下記参照)、長久手とサブ会場の瀬戸会場とを結ぶ燃料電池ハイブリッドバス(FCHV)などを実際の輸送機関として供用し[24]、博覧会運営への協力とその後の実用化への実地経験を両立させた。

2005年に張の後任として渡辺捷昭が社長に就任した。渡辺も、奥田社長時代以降続いている拡大路線を継続しつつ、CCC21活動を発展させてシステム単位で原価低減を目指すVI活動を開始した[23]。同年、トヨタ町の本社新本館が完成し地上14階、地下2階の一面ガラス張りの現代的な建物が完成。8月にレクサス店を日本へ導入した。10月にゼネラルモーターズが保有する富士重工業(現・SUBARU)の約20%の株式のうち8.7%を取得し筆頭株主になった上で、提携を結ぶことを発表した。2007年に世界販売台数が過去最多の936万6,418台を記録し (世界2位、生産台数は世界1位)、2008年3月期の連結営業利益も過去最高となる2兆2,703億円を記録した[25]。2007年に、名古屋駅前にある豊田ビル・毎日ビルの建替えによる再開発で建設されるミッドランドスクエア内に新しい名古屋オフィスが完成し、元名古屋ビル、JRセントラルタワーズオフィス、本社機能の一部と名古屋市内と東京本社からそれぞれ日本国内・日本国外の営業部門が移転した。

リーマンショックからのV字回復

第11代社長 豊田章男
THS-IIと低価格により爆発的にヒットした3代目プリウス。
スピンドルグリルを採用するレクサス・RC F

2008年リーマン・ショックで世界の自動車販売台数は急減し、トヨタも2009年3月期の連結営業利益が4,610億円で58年ぶりに赤字に転落した[26]。2008年の年間世界販売台数はGMの販売台数が落ち込みが激しかったため、897万2,000台の販売台数を記録したトヨタグループが初めて販売台数世界一となった[27]。この自動車市場の冷え込みに加えて、2009年から2010年にかけて大規模リコールが発生したため、トヨタの経営は一転して危機的状況に陥った。この危機に対して、2009年6月に新社長に就任したばかりの創業家出身の豊田章男は、トヨタが経営学者ジェームズ・C・ コリンズが言うところの企業消滅手前の「企業凋落の4段階目」に瀕していると表明した[28]。2011年に東日本大震災タイ大洪水が発生し、2010年から続く記録的な円高もあって、トヨタグループの世界販売台数はGMとフォルクスワーゲングループに抜かれて世界3位に後退した。2008年から、さらなる原価低減を目指す緊急VA活動を開始し、全社VA活動、VA開発部の発足まで発展させ[29][30]2011年から、意思決定の迅速化のために大幅に取締役を削減した上で海外事業体にいくつかの権限を委譲するなど[31][32]、様々な企業努力をおこなった。

2012年に過去最多となる世界販売台数974万7,762台を達成し、2年ぶりに世界販売台数1位を奪還した[33]。2012年末からのアベノミクスの金融緩和による円安で、2013年3月期はリーマン・ショック後初で5年ぶりとなる営業利益1兆円越えを達成する。

2013年4月にレクサス・インターナショナル、第1トヨタ、第2トヨタ、ユニットセンターの4つのビジネスユニットを新設し、意思決定を迅速化した。これは1982年の工販合併後の最大の組織改編であった[34][35]。同年のグループ年間生産台数は1,011万7,274台を記録し、世界の自動車メーカーの中で初めての年間生産台数1,000万台超えを達成し[36]、翌2014年は、年間販売台数でも初の1,000万台超えを達成した[37]2015年3月期は日本企業で初の純利益2兆円越えを達成し、2016年3月期売上高28兆4,000億円は、5大商社である三菱商事三井物産住友商事伊藤忠商事丸紅を抑え日本1位である[38]

2015年に新しい設計開発思想「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」の導入を開始し[39]、さらなる原価逓減と「もっといいクルマづくり」の姿勢を鮮明に打ち出した。一般投資家向けに中長期保有を前提とした元本保証の種類株式『AA型種類株式』の発行を発表[40]。即座に業績へ反映されない研究開発に投資するのが目的とされる[41]。株式名はトヨタ初の量産乗用車AA型にちなんで命名された。同年2月、トヨタは燃料電池車の特許5,700件を無料開放。社会全体での水素技術の普及を図った[42]

100年に一度の大変革の時代

CASE、MaaS

CASEは、Connected(コネクティッド)、Autonomous(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字をとった略称[43] で、技術革新や概念の変化のことを指す。CASEとMaaS(Mobility as a Service)の波が同時に到来したことで自動車業界は「100年に一度の大変革の時代」に突入した[44]。トヨタはCASEやMaaSに対する施策を矢継ぎ早に打ち出していく。

モビリティカンパニーへの変革

トヨタは「自動車をつくる会社」から「モビリティカンパニー」にモデルチェンジし、世界中の人々の「移動」に関わるあらゆるサービスを提供する会社、すべての人に移動の自由と楽しさを提供する会社に変革するために、ホーム&アウェイ視点でのトヨタグループ全体の事業の再構築や従来の枠組みに捉われないモビリティサービス中心の協業を加速させている。

このような事業変革を進める中、2023年4月1日に豊田章男は会長となり、エンジニアとしてレクサスや水素エンジンの開発に関わっていたエンジニア出身の佐藤恒治が社長に就任した。一方、同年4月28日に発覚したダイハツ工業認証試験不正問題では、親会社の会長として豊田が記者会見を行い、真相究明や企業体質改善に向けた対応を行った。


注釈

  1. ^ 2014年3月22日,23日にTBS系列でトヨタ自動車監修のスペシャルドラマ「LEADERS リーダーズ」が放送された。劇中でトヨタはアイチに置き換えている。自動車製造の開始、トヨタ自動車の設立、戦後の金融事情、経営危機に際した住友銀行による融資拒否、日本銀行や24の取引行による協調融資団から人員整理1600名の再建案、労働組合と経営陣の対立激化による労働争議、などを描いた。2017年3月26日に「LEADERS II」で、小島プレス工業などを中心とする協力会社組織の協豊会の発足、愛知トヨタなど販売ディーラーとの協力関係、戦時中の自動車配給会社の設立、戦後のトヨタ自動車販売店協会の発足、などを描いた。
  2. ^ ライバルである日産自動車では、中核企業だった満洲重工業開発の事業停止に続く日産コンツェルンの財閥解体、同社の経営の中心にいた浅原源七元社長の公職追放など、大きなダメージを負っていた。
  3. ^ 旧日配系が改組された福岡県のみは1949年に県内ディーラーが発足。
  4. ^ 同工場の敷地はトヨタ自工が引き続き所有し、自動車の整備や修理などに使用された。同地はトヨタテクノクラフトなどを経てトヨタモビリティ東京の本社所在地となっている。
  5. ^ 2021年現在、この名称の銀行は設立されていない。
  6. ^ 会長、副会長、社長、取締役6人。
  7. ^ うち社長と執行役員3人は取締役を兼務。
  8. ^ JDパワー保険会社のランキングなどによる。
  9. ^ ベーン式VVT-iは世界標準規格になっている。
  10. ^ 安さを主眼とするマーケットに高級感・高機能を持ち込み席巻するこの手法は、1999年に登場したヴィッツでも用いられている。
  11. ^ 電気自動車という意味ではない。
  12. ^ 特に過激な事例を取り上げれば、トップ・ギア司会者3人組の扱き下ろしがある。「カローラの横に並んでいた冷蔵庫をカローラとして紹介し、没個性的だと揶揄」「初代LS(セルシオ)登場時に“退屈なレクサス”と発言」など、トヨタ車がこき下ろされる際のキーワードは「無(没)個性」「退屈」「無味無臭」が多い。また、アメリカ合衆国におけるサイオン導入も「トヨタ車は退屈」というネガティブイメージが背景にあった。車好きからのトヨタの受けの悪さは、『NAVI CARS Vol.29』(2017年3月25日発売、ボイスパブリケーション刊)の『トヨタが好きで、悪いか!』という大見出しにも象徴される。
  13. ^ これらは格好良さよりも見た目のインパクトの強さを重視しており、一目でトヨタ/レクサス車だと分かることを目的としている。
  14. ^ 2009年にG'sに先駆けて登場。MNとはMeister of Nurburgring=「ニュルマイスター」の略で、トヨタのテストドライバー・成瀬弘のニックネームであった。
  15. ^ ただしヴィッツ GR SPORTとヴィッツ GR SPORT "GR"は、ベース車両(1.0 - 1.3L)より大きい1.5Lエンジンを搭載している。
  16. ^ なおカローラは花冠、コロナは太陽冠、クラウンは王冠と、いずれも「冠」にその名を由来する。
  17. ^
    X70系 - X100系までのマークII/チェイサー/クレスタ
    L20系以降のターセル/コルサ/カローラII
    E20系 - E110系までのカローラシリーズ/スプリンターシリーズ
    T150系以降のコロナ/カリーナ(のちのプレミオ/アリオン
    V10系 - V40系までのカムリ/ビスタ
    エスティマエミーナ/エスティマルシーダ
    グランビア/グランドハイエース
    タウンエース/ライトエース/マスターエース
    カローラランクス/アレックス
    ノア/ヴォクシー
    H20系以降のアルファード/ヴェルファイア
    プロボックス/サクシードなど。
  18. ^ X80系チェイサーの初期CMでは15秒版でも「FunToDriveトヨタオートです」の読み上げが入る。
  19. ^ ただし、AW10系MR2のCMでは「FunToDriveトヨタです。」の読み上げは無し。
  20. ^ 素敵な宇宙船地球号についてはトヨタグループ全体の協賛であるため、これはコメントされていない。
  21. ^ 当時のCMの最後は「愛される車をめざして(進歩のマーク・信頼のマーク)[改行]TOYOTA[改行]当時のトヨタのマーク」が表示された。末期は単にTOYOTAの旧ロゴになった。一時期はCMの最後に「TTCのトヨタ」のナレーションや、旧ロゴ最末期から現行ロゴの初期は「安全はトヨタの願い TOYOTA」もあった。
  22. ^ 例:ネッツ店専売車種(例:後期型以降のアベンシス、2代目ヴィッツ、後期型以降のウィッシュ、2代目bB、オーリス、3代目RAV4、ヴェルファイア、2代目ヴォクシーなど)の「N」マーク、シリーズ9代目からシリーズ11代目までのカローラシリーズの「NCV」マーク、カローラスポーツを含むシリーズ12代目以降のカローラシリーズの新「C」マーク、マークXおよびマークXジオの「X」マーク、プレミオの「P」、アリオンの「A」、初代ラクティスの「R」マークなど。リアは大抵の場合トヨタマークが付いている。
  23. ^ 現在はトヨタホームの完全子会社。詳細はトヨタウッドユーホーム#概要を参照。
  24. ^ そのため、名鉄バスセンター名古屋駅)・豊田市駅藤が丘駅から運行されている名鉄バスの空港行のバスには、日野・セレガが充てられている。
  25. ^ 名前の由来は町工場時代の気持ちを忘れない為に、元・町工場(まちこうば)から元町工場と命名された。
  26. ^ 輸出向け。
  27. ^ 日本国内向け。
  28. ^ 一部モデルの艤装はヤマハ発動機が受託している。
  29. ^ 出力や特性は船舶専用にチューニング。
  30. ^ 自動車分野でライバル関係にある日産自動車は国内市場の縮小などから、1995年(平成7年)に造船部門を日産マリーンとして分離し、2015年(平成27年)に新規製造と販売を終了している。
  31. ^ 学習研究社が出版する学年誌科学)によると、「トヨタが政府のヒモ付きになることを嫌った」ためとある。結局、プリンスは当時業界2位であった日産自動車と合併したが、日産も1990年代に入って業績不振に陥り、航空宇宙部門は2002年(平成12年)に石川島播磨重工業(現:IHI)へと譲渡されている
  32. ^ 金曜ドラマ」から移動。
  33. ^ 日曜劇場」から移動。
  34. ^ 「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」から移動。
  35. ^ おいしいプロポーズ」では、LEXUSの車が登場していたため、2006年5月上旬からLEXUSがつくこともあった。2009年10月から東芝に交代。その後スバル提供。スポンサー枠は「情報7DAYS ニュースキャスター」に移動。
  36. ^ 提供クレジット自粛時期有り、途中降板時は同業者のマツダ日産自動車が提供(グループ企業のトヨタホームが提供していた時期あり)。現在は小林製薬に交代。スポンサー枠は「マツコの知らない世界」に移動。
  37. ^ 読売新聞 2006年9月24日、同年9月28日記事参照。2004年6月に35万円で仕入れた国産中古車を同月下旬、営業店社員に45万円で販売し、社員名義で自動車登録。同年11月、この車を80万円で買い取った形にし、数日後、一般顧客に90万円で販売していた。
  38. ^ ランドクルーザープラドのリコール対象は中東、ロシアが主体で日本などで販売された右ハンドル車はリコールの対象外である[228]
  39. ^ ケースナンバーはCV 01-05564-FMCおよびJ.C.C.P. No. 4346:2006年8月現在、進行中。

出典

  1. ^ ガバナンス - トヨタ自動車株式会社
  2. ^ a b c d e f g h 2024年3月期 決算要旨” (PDF). トヨタ自動車株式会社 (2024年5月8日). 2024年5月17日閲覧。
  3. ^ a b c d 2019年3月期有価証券報告書” (PDF). 2019年12月8日閲覧。
  4. ^ 日本経済新聞 2021年1月6日閲覧
  5. ^ トヨタ自動車株式会社 定款 第1章第1条
  6. ^ 日本放送協会. “トヨタ 去年1年間の販売台数 3年連続 世界トップに 他社状況も | NHK”. NHKニュース. 2023年2月14日閲覧。
  7. ^ Global 500” (英語). Fortune. 2021年11月29日閲覧。
  8. ^ yorozu-do. “世界企業ブランドランキング2022/トップ100に日本企業は何社? | よろず堂通信”. 2023年2月14日閲覧。
  9. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (10月30日実施)”. JPX. 2023年4月1日閲覧。
  10. ^ JPX日経400・JPX日経中小型”. 日本取引所グループ. 2023年4月1日閲覧。
  11. ^ 銘柄一覧 - 日経平均プロフィル”. indexes.nikkei.co.jp. 2023年4月1日閲覧。
  12. ^ 豊田自動織機製作所『トヨタニユース』第8号、「嚴選に輝くトヨタ・マークの決定」、1936年10月10日
  13. ^ 「トヨタ」になって70年読売新聞[リンク切れ]
  14. ^ 会社四季報昭和34年第1集』(東洋経済新報社、1958年12月)p.347、『会社四季報昭和34年第2集』(東洋経済新報社、1959年4月)p.347
  15. ^ 四宮正親 (2011年1月). “第2次大戦後における系列別自動車販売の復活と再編成”. 関東学院大学. pp. 173-176. 2023年6月8日閲覧。
  16. ^ a b <自動車人物伝>豊田喜一郎…トヨタ自動車創業者 第3編 苦闘の中で見えた曙光(1945~1952年)”. トヨタ自動車株式会社. 2023年7月17日閲覧。
  17. ^ 第3項 資本の自由化と自動車業界再編”. トヨタ自動車75年史. 2020年8月9日閲覧。
  18. ^ a b 沿革 - 日野自動車
  19. ^ a b DATABOOK2014 - ダイハツ工業
  20. ^ 第2項 新生トヨタ自動車の誕生”. トヨタ自動車75年史. 2020年8月9日閲覧。
  21. ^ 田中正知 (2010年9月30日). “トヨタの工販合併はなぜ円滑に実現できたのか”. JBPress. 株式会社日本ビジネスプレス. 2024年4月13日閲覧。
  22. ^ トヨタ自動車74年史 海外販売台数の推移 トヨタ公式サイト
  23. ^ a b アニュアルレポート 2005 トヨタ公式
  24. ^ TOYOTA~企業情報-愛・地球博への取組み~”. トヨタ自動車公式サイト. トヨタ自動車株式会社 (2003年). 2023年6月18日閲覧。
  25. ^ a b 【決算】トヨタの2008年3月期決算は全項目過去最高も成長率は鈍化,2009年3月期は減収減益の見通し Tech On!2008年5月8日
  26. ^ トヨタ09年3月期決算…4610億円の営業赤字 戦後初 Response. 2009年5月8日
  27. ^ トヨタ、販売でも初の世界一 Response. 2009年1月23日
  28. ^ 豊田トヨタ社長、トヨタは「凋落の第4段階」にある Response 2009年10月2日
  29. ^ 【池原照雄の単眼複眼】非常時体制のトヨタ、緊急VA・VEも Response. 2008年5月14日
  30. ^ トヨタ自動車75年史 原価企画・質量企画・部品標準化
  31. ^ トヨタ自動車、役員体制を変更 トヨタ公式サイト 2011年3月9日
  32. ^ トヨタ、取締役を大幅削減 意思決定を迅速化 日本経済新聞 2011年2月11日
  33. ^ a b 世界の自動車販売台数、トヨタが2年ぶり首位 CNN 2013年1月29日
  34. ^ 【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、機動力求めバーチャル分社 Response. 2013年3月13日
  35. ^ トヨタが自動車事業に4部門設置、大幅組織改編で意思決定を迅速化 ロイター 2013年3月6日
  36. ^ トヨタ世界生産、自動車初の1000万台超 13年 日本経済新聞 2014年1月29日
  37. ^ 2015年暦年の販売、生産計画について』(プレスリリース)トヨタ自動車、2015年1月21日https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/5346804 
  38. ^ 日本経済新聞. “売上高ランキング”. 2016年3月閲覧。
  39. ^ トヨタ、新しいプラットフォーム戦略「TNGA」の狙いや現状を発表 Tech-On!2013年3月27日
  40. ^ トヨタ自動車、中長期保有を前提とした 「AA型種類株式」の発行に向けた手続きを開始 |TOYOTA Global Newsroom
  41. ^ 物言わぬ株主増える? 「損しない」トヨタ新株が波紋 - 朝日新聞
  42. ^ トヨタが燃料電池車の特許を無償開放した本当の理由 PRESIDENT.ONLINE 2015年2月22日
  43. ^ 役員体制の変更、組織改正、および人事異動について”. TOYOTA Global Newsroom (2018年11月30日). 2019年3月2日閲覧。
  44. ^ 「100年に一度」の大変革時代に向けて、トヨタグループの競争力強化を加速”. TOYOTA Global Newsroom (2018年6月1日). 2019年3月2日閲覧。
  45. ^ トヨタ自動車、「人工知能技術」の研究・開発強化に向け新会社を設立”. TOYOTA Global Newsroom (2015年11月6日). 2019年3月2日閲覧。
  46. ^ ガリバー ヤマハの牙城を崩せるか!? トヨタとヤンマーがプレジャーボートでタッグ マイナビニュース 2016年3月10日
  47. ^ コネクテッドカー関連サービスを開発:トヨタ、マイクロソフトと合弁でToyota Connectedを設立 @IT 2016年4月5日
  48. ^ “最強”トヨタ社長が「7カンパニー制」導入で狙うさらなる一手”. ダイヤモンド社 (2016年3月11日). 2016年5月16日閲覧。
  49. ^ 新体制に関するお知らせ 2016年3月2日
  50. ^ Connected戦略説明会”. TOYOTA Global Newsroom (2016年11月1日). 2019年3月2日閲覧。
  51. ^ トヨタとスズキ エコカー技術などで業務提携 基本合意発表 NHK NEWS * 2017年2月6日付
  52. ^ トヨタとマツダ、業務資本提携に関する合意書を締結-クルマの新しい価値創造と持続的成長を目指し具体的な協業がスタート-
  53. ^ トヨタ自動車、モビリティサービス専用EV“e-Palette Concept”をCESで発表”. TOYOTA Global Newsroom (2018年1月9日). 2019年3月2日閲覧。
  54. ^ ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社「MONET」、事業を開始”. TOYOTA Global Newsroom (2019年2月1日). 2019年3月2日閲覧。
  55. ^ 知能化ソフトウェアの研究から開発を一気通貫で担う新会社「Toyota Research Institute Advanced Development」を東京に設立”. TOYOTA Global Newsroom (2018年3月2日). 2019年3月2日閲覧。
  56. ^ トヨタ、モビリティサービスの新会社を設立”. TOYOTA Global Newsroom (2017年12月21日). 2019年3月2日閲覧。
  57. ^ トヨタ自動車、東南アジア配車サービス大手Grab社とモビリティサービス(MaaS)領域での協業を拡大”. TOYOTA Global Newsroom (2018年6月13日). 2019年3月2日閲覧。
  58. ^ トヨタ自動車とUber社、自動運転車に関する技術での協業を拡大”. TOYOTA Global Newsroom (2018年8月28日). 2019年3月2日閲覧。
  59. ^ トヨタとソフトバンクがMaaSの新会社「MONET」を設立--自動運転時代を見据え CNET Japan 2018年10月4日
  60. ^ トヨタ、常務役員廃止 来年、執行役員現行から半減へ 若手、要職就きやすく 日本経済新聞 2018年11月16日
  61. ^ トヨタ、来年1月からの新役員体制は「その道のプロを縦横に」 日刊工業新聞 2018年12月3日
  62. ^ トヨタ自動車の情報子会社3社を統合”. TOYOTA Global Newsroom (2018年3月5日). 2019年3月2日閲覧。
  63. ^ トヨタ自動車、新会社「KINTO」を設立”. TOYOTA Global Newsroom (2019年2月5日). 2019年3月2日閲覧。
  64. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年5月9日). “トヨタ、初の売上高30兆円超 19年3月期決算、アジアでの拡販奏功 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト”. SankeiBiz. 2019年5月9日閲覧。
  65. ^ パナソニック:パナソニックホームズ株式会社パナソニック建設エンジニアリング株式会社株式会社松村組。トヨタ自動車:トヨタホーム株式会社ミサワホーム株式会社
  66. ^ パナソニック株式会社とトヨタ自動車株式会社、街づくり事業に関する合弁会社の設立に合意”. トヨタ自動車. 2019年5月10日閲覧。
  67. ^ トヨタ・スズキ 資本提携 自動運転研究 国内業界3陣営に 東京新聞 2019年8月29日
  68. ^ 西鉄とトヨタ、福岡市でマルチモーダルモビリティサービス「my route」の実証実験を開始 (PDF) - 西日本鉄道・トヨタ自動車 2018年10月31日(2019年11月28日閲覧)
  69. ^ トヨタと西鉄、マルチモーダルモビリティサービス「my route」を福岡市・北九州市で本格実施 - トヨタ自動車・西日本鉄道・九州旅客鉄道 2019年11月27日(2019年11月28日閲覧)
  70. ^ トヨタ自動車、マルチモーダルモビリティサービス「my route」のサービス提供エリアを全国へ順次拡大”. TOYOTA Global Newsroom (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  71. ^ 東北大学がトヨタ自動車と協定締結 福島の復興に注力〈宮城〉(仙台放送)”. LINE NEWS. 2022年10月15日閲覧。
  72. ^ 役員 トヨタ自動車
  73. ^ 役員人事および幹部職人事について トヨタ自動車 2024年3月21日
  74. ^ 役員人事について トヨタ自動車 2024年2月29日
  75. ^ 役員・幹部職人事について トヨタ自動車 2023年11月30日
  76. ^ 組織改正および役員、幹部職の担当変更について トヨタ自動車 2023年9月7日
  77. ^ 役員人事および幹部職人事について トヨタ自動車 2023年3月22日
  78. ^ 役員人事および幹部職人事について トヨタ自動車 2023年2月13日
  79. ^ 組織改正および役員、幹部職の担当変更について トヨタ自動車 2021年4月28日
  80. ^ 豊田章男「生きるか死ぬか」瀬戸際の戦いが始まっている (1/4)
  81. ^ トヨタ社長、国内生産300万台体制を維持 「日本での生産の経験が必要」
  82. ^ トヨタ、ディーラーが反旗か…禁断の「販売店住み分け」崩壊、1車種・全販売店販売の激震
  83. ^ コーポレートガバナンス トヨタ自動車 2021年12月23日
  84. ^ 役員体制の変更、および幹部職の担当変更、人事異動について トヨタ ニュースルーム 2020年6月30日
  85. ^ 日本経済新聞. “売上高ランキング”. 2019年7月21日閲覧。
  86. ^ 日本経済新聞. “営業利益ランキング”. 2019年7月21日閲覧。
  87. ^ 日本経済新聞. “経常利益ランキング”. 2019年7月21日閲覧。
  88. ^ 日本経済新聞. “当期利益ランキング”. 2019年7月21日閲覧。
  89. ^ 日本経済新聞. “時価総額上位ランキング”. 2019年7月21日閲覧。
  90. ^ FORTUNE. “Global 500 2018”. 2019年7月21日閲覧。
  91. ^ Forbes. “The World's Largest Public Companies”. 2019年7月21日閲覧。
  92. ^ Interbrand. “Best Global Brands”. 2019年7月21日閲覧。
  93. ^ Financial Times (2014年6月27日). “FT 500 2014”. 2014年10月21日閲覧。
  94. ^ トヨタ車なら何とかしてくれる! チベット高原で「トヨタ車は必須」と言われる理由=中国 サーチナ
  95. ^ タクシー車種はトヨタのコンフォートばかり シェア82%独占
  96. ^ 第3節 排出ガス規制への対応 第6項 1978年度規制対応とその波及効果
  97. ^ 第1節 多様な車種開発と国内販売の拡充 「レーザー(LASRE)」エンジンの開発
  98. ^ 第2項 ディーゼル・エンジンの研究 トヨタ自動車75年史 第5節 戦時下の研究と生産
  99. ^ マツダとは違う道行くトヨタのディーゼル
  100. ^ 世界のトップ1000企業の2006年研究開発費,前年比10%増の4470億ドル
  101. ^ 東洋経済 研究開発費の大きい「トップ300社」はこれだ 1位トヨタは「ケタ違い」の1兆円超!
  102. ^ a b トヨタ自動車75年史 自動車事業 商品・技術
  103. ^ 海外企業のほうが必死に学んでいる「トヨタ」の強さの秘密
  104. ^ トヨタが強いのは「トヨタ生産方式」のせいではない!
  105. ^ 新型カローラを設計分析する
  106. ^ 流れを経営する:持続的イノベーション企業の動態理論 遠山亮子 平田透 野中郁次郎 2010年 東洋経済新報社
  107. ^ 車両性能・実験”. トヨタ自動車75年史. 2020年8月9日閲覧。
  108. ^ トヨタC-HR 開発者インタビュー 主査の思いを背負って
  109. ^ 【トヨタ】クルマづくりの変革はなるのか?! 開発体制を大幅に変更し、もっと魅力あるクルマづくりに挑む
  110. ^ ニュース【インタビュー】カンパニー制導入でトヨタはどう変わった? CVカンパニー Executive Vice President 中嶋裕樹氏に聞く
  111. ^ 特別メッセージ:長谷川 龍雄 (初代カローラ開発責任者)
  112. ^ a b 井元康一郎 (2016年4月15日). “豊田章男社長「レクサスを熱いブランドにする。もう退屈とは言わせない」”. プレジデント (プレジデント社). https://president.jp/articles/-/17782?page=1 2021年2月8日閲覧。 
  113. ^ トヨタ、ニュルの走行経験を基に全長約5.3kmの山間部テストコースを新設 Car watch 2019年4月25日
  114. ^ a b c d e 日経ビジネス 水素エンジンの世界普及には課題 官民で環境づくりを
  115. ^ 水素エンジン part.2 トヨタ、BMW、マツダ…全部わかる水素エンジンの話&ポルシェe-Fuel by 島下泰久×難波賢二 2分30秒より
  116. ^ a b ANNnewsCH トヨタ社長「雇用と技術守る」“水素”でレース挑戦
  117. ^ 2015年世界販売トップのトヨタ、国内販売も回復基調!
  118. ^ 「トヨダ」から「トヨタ」へ
  119. ^ タクシー車両は9割がトヨタ なぜ業界を独占しているのか Livedoor NEWS 2016年6月8日
  120. ^ 役員人事、組織改正および人事異動について
  121. ^ トヨタのGRシリーズ始動。"永続的なモータースポーツ活動"を目指す
  122. ^ サプライズゲストも登場した新スポーツカーブランド「GR」シリーズ発表会
  123. ^ GRブランドはどこで購入できるの?
  124. ^ 池田直渡「週刊モータージャーナル」:トヨタGRカンパニーとは何か? (4/4)
  125. ^ GR ABOUT GR
  126. ^ BC戦争――マーケティングの時代(1964年) - GAZOO(2014.12.19 11:05版)2018年3月29日閲覧
  127. ^ Autoblog トヨタ、若年層向けブランドのサイオンを廃止 「FR-S」「IA」「IM」はトヨタ・ブランドへ移行
  128. ^ 第9節 量産量販に向けての準備 第1項 販売体制の拡充
  129. ^ 第5節 国内販売体制の拡充と海外市場の開拓 第2項 トヨタオート店の設立
  130. ^ スバルはなぜ唯一無二のメーカーと呼ばれ、評判が高いのか?
  131. ^ Business Journal トヨタ、ディーラーが反旗か…禁断の「販売店住み分け」崩壊、1車種・全販売店販売の激震
  132. ^ トヨタが国内販売を「地域ごとの営業体制」に変える理由
  133. ^ 製造マネジメントニュース:トヨタが都内の販売チャネルを「融合」、直営店が協力して東京の課題に取り組む 2018年4月3日 MONOist
  134. ^ トヨタ、全販売店での全車種併売化を2020年5月に前倒し 加速する自動車業界の変革に対応 レスポンス 2019年6月24日
  135. ^ トヨタ販売改革の成算 全車種併売の衝撃(上)”. 日本経済新聞 (2020年5月13日). 2020年5月13日閲覧。
  136. ^ 同じ店舗で購入が可能に!トヨタ販売店4社が東かがわに新会社設立へ 瀬戸内海放送ニュース、2019年1月11日
  137. ^ 2020年4月 香川県トヨタ販売店4社による東かがわ新会社発足について 香川トヨタ自動車・香川トヨペット・トヨタカローラ香川・ネッツトヨタ高松共同プレスリリース、2019年1月11日
  138. ^ CORPORATION, TOYOTA MOTOR. “トヨタ、全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒し | コーポレート | グローバルニュースルーム”. トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト. 2021年7月11日閲覧。
  139. ^ トヨタ、未来のモビリティ社会に向け、日本の販売ネットワークを変革』(プレスリリース)トヨタ自動車、2018年11月1日https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/25169229.html?_ga=2.110988293.140875545.1589723904-2029192298.15897239042020年5月17日閲覧 
  140. ^ トヨタ、国内全系列の全車種扱いが実質スタート…各販社が受注を開始”. レスポンス (2020年4月9日). 2020年5月17日閲覧。
  141. ^ TOYOTA. 新しい歴史に向けて. トヨタ自動車75年史, 第6節, 第4項. 2022-01-16閲覧
  142. ^ "トヨタ自動車(株)…は、「FUN TO DRIVE, AGAIN.」をスローガンとする企業広告キャンペーンを、10月15日(土)から開始する。" TOYOTA. (2009). トヨタ自動車、企業広告キャンペーン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」を開始. TOYOTA公式HP. 2022-01-16閲覧.
  143. ^ "「FUN TO DRIVE, AGAIN.」というスローガンには、「日本人の気持ちをもう一度ドライブさせたい」「もう一度、新しいクルマの楽しさを創造したい」という思いが込められている。" TOYOTA. (2009). トヨタ自動車、企業広告キャンペーン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」を開始. TOYOTA公式HP. 2022-01-16閲覧.
  144. ^ TOYOTA NEXT ONE campaign website
  145. ^ TOYOTA NEXT ONEのキャッチコピーとWEBDESIGN World Write Web
  146. ^ a b 【豆知識】登録商標の変遷” (HTML). トヨタ企業サイト|トヨタ自動車75年史. トヨタ自動車株式会社 (2012年). 2022年11月6日閲覧。 “さらに1937年4月、トヨタ車の商標として登録、同年8月28日にトヨタ自動車工業を設立した。以降、現在までの社章である。”
  147. ^ くるまの理科・社会 Vol.002「第2回 トヨタ・3つの輪に込めた想い」
  148. ^ 第9節 量産量販に向けての準備 第5項 米国への進出
  149. ^ 第5節 国内販売体制の拡充と海外市場の開拓 第5項 米国への輸出
  150. ^ 第5節 生産体制と販売体制の強化 第4項 米国における販売体制の拡充
  151. ^ 第1節 対米乗用車輸出の自主規制 第3項 自主規制下での米国販売体制の強化
  152. ^ 第1節 北米市場でのプレゼンスの高まり 第1項 北米市場の拡大
  153. ^ Ⅳ-3. 米国ピックアップトラック産業にみる保護主義政策の功罪 みずほ銀行産業調査部
  154. ^ 国・地域別市場台数とトヨタの生産・販売台数の推移
  155. ^ トヨタ、米工場に1500億円投資 トランプ氏が評価
  156. ^ トヨタ、3代目プリウスを中国で生産開始
  157. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 10頁
  158. ^ トヨタ自動車74年史 トヨタ生産方式の2つの柱 トヨタ公式サイト
  159. ^ トヨタ自動車74年史 情報システム トヨタ公式サイト
  160. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 132頁
  161. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 133頁
  162. ^ SMART MOBILITY SOCIETY トヨタ公式サイト
  163. ^ 自動車以外の事業 トヨタ公式サイト
  164. ^ トヨタ自動車74年史 e-TOYOTA・GAZOO トヨタ公式サイト
  165. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 134頁
  166. ^ トヨタ自動車、「人工知能技術」の研究・開発強化に向け新会社を設立 トヨタ公式サイト
  167. ^ トヨタ、「つながる」技術に関する取り組みを加速 トヨタ公式サイト
  168. ^ 自動運転で出遅れたトヨタ、ギアチェンジの裏側 THE WALL STREET JOURNAL 2016年3月21日 閲覧
  169. ^ 日経ビジネス電子版. “詳報:トヨタが頼った謎のAI半導体メーカー”. 日経ビジネス電子版. 2021年4月14日閲覧。
  170. ^ a b c トヨタイムズは報道機関の脅威か 自社メディア台頭を考える:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2023年4月21日). 2023年4月23日閲覧。
  171. ^ a b アングル:社長交代も「トヨタイムズ」、直接発信にこだわる訳」『Reuters』、2023年2月1日。2023年4月23日閲覧。
  172. ^ 『 絆-豊田集団からトヨタグループへ 』
  173. ^ 豊田自動織機 車両事業
  174. ^ ロイター「トヨタ自動車、住宅事業をトヨタホームに2010年10月1日付で統合」2009年10月23日。2020年1月にパナソニック詳細はトヨタホーム#概要を参照。
  175. ^ プライム ライフ テクノロジーズ株式会社 プレスリリース「未来志向のまちづくりを目指す新会社 プライム ライフ テクノロジーズ株式会社 設立」2020年1月7日.
  176. ^ トヨタ自動車 ニュースルーム「株式交換に関するお知らせ」2002年02月27日
  177. ^ トヨタ・マツダ、500億円相互出資を発表
  178. ^ 【トヨタ・マツダ】トヨタとマツダはメキシコ工場でデミオ・ベース車のOEM生産・供給で合意
  179. ^ 自動車産業(2)軽自動車 ガラパゴスから世界のエコカーへ
  180. ^ トヨタとスズキ エコカー技術などで業務提携 基本合意発表 NHK NEWS 2017年2月6日付
  181. ^ トヨタ・スズキ 資本提携 自動運転研究 国内業界3陣営に 東京新聞 2019年8月29日
  182. ^ a b トヨタとヤンマー、マリン事業における業務提携に向け基本合意、- 複合素材による船体「トヨタハイブリッドハル」を共同開発 –
  183. ^ いすゞとトヨタ、業務提携に向け基本合意-あわせて、トヨタはいすゞの株式を取得-
  184. ^ ライバルのいすゞと日野が協業? なぜそこにトヨタも?
  185. ^ 日本放送協会. “トヨタ・ソニーなど国内8社出資 先端半導体の国産化へ新会社 | NHK”. NHKニュース. 2022年11月10日閲覧。
  186. ^ “【独自】「次世代半導体」の新会社を設立 NTT・キオクシアなどが出資へ”. テレ東BIZ. (2022年11月10日). https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/readings/1209 2022年11月10日閲覧。 
  187. ^ 日産自動車 ハイブリッド乗用車「アルティマ ハイブリッド」試作車を披露
  188. ^ トヨタ企業サイト|トヨタ自動車75年史|第1部 第2章 第7節|第1項 フォード社での研修と米国機械メーカーの視察”. www.toyota.co.jp. 2022年11月10日閲覧。
  189. ^ トヨタ企業サイト|トヨタ自動車75年史|第3部 第1章 第3節|第1項 フォード・モーター社との提携交渉”. www.toyota.co.jp. 2022年11月10日閲覧。
  190. ^ トヨタとフォードはなぜハイブリッドシステムの共同開発を中止したのか”. ITmedia ビジネスオンライン (2013年7月24日). 2022年11月10日閲覧。
  191. ^ トヨタと米フォード、HV開発の提携断念”. 日本経済新聞 (2013年7月24日). 2022年11月10日閲覧。
  192. ^ 【CES16】トヨタ、フォードモーターと車載テレマで提携”. レスポンス(Response.jp). 2022年11月10日閲覧。
  193. ^ トヨタ、米テスラと電気自動車で提携”. レスポンス自動車ニュース (2010年5月21日). 2011年1月9日閲覧。
  194. ^ a b c 佐久間博康「たすきつなぎ、団結強める 豊田 トヨタ自動車社内駅伝に566チーム」 『中日新聞』2019年12月2日付朝刊、県内版、12面。
  195. ^ 『中日新聞』2006年6月9日付朝刊、第一経済、9面、「トヨタの世界 第2武 創造のこころ (8) 企業スポーツ 休・廃部ゼロ 職場に活気」。
  196. ^ 宮本隆彦、平井良信「トヨタ スポーツに注力 社員一体感育む」 『中日新聞』2016年7月26日付朝刊、地域経済、9面。
  197. ^ 久保田龍雄 (2023年12月17日). “中日、阪神、ヤクルトなどに浮上「幻の身売りプラン」 “意外な企業”も買収に動いていた”. AERA dot. (アエラドット). 朝日新聞出版. p. 1. 2023年12月18日閲覧。
  198. ^ 『トヨタ自動車75年史 資料編』トヨタ自動車、2013年3月31日、148頁。
  199. ^ 宮本隆彦「ドライバーズシート 豊田章男の日々 (25) たすき 継承の形 駅伝と重ね」 『中日新聞』2017年12月13日付朝刊、地域経済、7面。
  200. ^ 竹山栄太郎、細見るい (2018年12月17日). “豊田章男社長も熱狂? 「ガチすぎる」トヨタの社内駅伝”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASLDD31QLLDDOIPE003.html 2019年12月8日閲覧。 
  201. ^ 宮本隆彦「職場発 うちの秘策 トヨタ伝統の社内駅伝70回目 つなぐたすき 職場に絆 海外子会社も参加 練習、応援で一体感」 『中日新聞』2016年12月6日付朝刊、地域経済、7面。
  202. ^ 安井 孝之 (2017年12月31日). “トヨタが今でも社内駅伝を続けている理由 だから章男社長は「襷」にこだわる”. プレジデント. https://president.jp/articles/-/24096 2019年12月8日閲覧。 
  203. ^ 飯塚さき. “つなぐ「ものづくりのたすき」 トヨタ自動車社内駅伝大会”. 笹川スポーツ財団. http://www.ssf.or.jp/topics/tabid/1722/Default.aspx 2019年12月8日閲覧。 
  204. ^ “3万人集まるトヨタ恒例の社内駅伝、70年ぶり中止…感染拡大の影響考慮”. 読売新聞. (2020年10月2日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201002-OYT1T50233/ 2020年11月22日閲覧。 
  205. ^ 三浦惇平 (2020年10月14日). “来場3万人超 トヨタ社内駅伝、コロナで70年ぶり中止”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASNBG3JP2NBGOIPE004.html 2020年11月22日閲覧。 
  206. ^ “トヨタ社内駅伝、今年も中止 新型コロナ響く”. 時事ドットコムニュース. (2021年9月11日). https://web.archive.org/web/20211203045440/https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091001018 2021年12月3日閲覧。 
  207. ^ 社内駅伝、3年ぶり復活へ 無観客で再開準備―トヨタ”. 時事ドットコムニュース (2022年10月9日). 2022年12月5日閲覧。
  208. ^ トヨタのマリン事業
  209. ^ トヨタが新型ボートを発売!赤字でもマリン事業を続ける理由 1 - プレジデントオンライン
  210. ^ トヨタが新型ボートを発売!赤字でもマリン事業を続ける理由 2 - プレジデントオンライン
  211. ^ 「レクサス」のボート公開 トヨタ - 日本経済新聞
  212. ^ a b レクサスのラグジュアリーヨット「LY650」 価格は約4億5000万円。満タンにすると1回約48万円!”. motor-fan.jp. モーターファン (2019年9月22日). 2022年5月31日閲覧。
  213. ^ トヨタ パートナーロボット
  214. ^ TRI Teaching Robots to Help People in their Homes - YouTube | The Toyota Research Institute (TRI) is focused on creating and proving the technological breakthroughs necessary to make assistive home robots feasible. TRI is teaching a general purpose robot to perform useful human-level tasks in real homes. We believe teaching a robot tasks is a promising first step to achieving our broader vision of Fleet Learning, specifically for assisting and empowering people in their home. And we hope that sharing this progress benefits others throughout the robotics community.
  215. ^ 研究所の設立”. トヨタ自動車75年史. トヨタ自動車. 2022年6月1日閲覧。
  216. ^ a b 航空機の開発と制作
  217. ^ トヨタ、MRJと資本提携 2008年4月9日[リンク切れ]
  218. ^ 2020年10月06日 水素をエネルギー源としたハイブリッド車両(燃料電池)試験車両の開発 -鉄道技術と自動車技術を融合して試験車両を開発します-”. トヨタ自動車株式会社 (2020年10月6日). 2023年6月18日閲覧。
  219. ^ 井上孝司 (2022-02-18). “JR東日本の燃料電池ハイブリッド車「HYBARI」を見てきた! 高圧水素貯蔵で走行試験は鶴見線ほか”. 株式会社インプレス. 2023年6月19日閲覧。
  220. ^ CES2020 豊田章男からのメッセージ【CES2020取材】”. トヨタ自動車 (2020年1月15日). 2022年12月5日閲覧。
  221. ^ Woven City、第1期は2024年開業か 初期住民は360人”. 自動運転LAB (2022年8月6日). 2022年12月5日閲覧。
  222. ^ 2025年秋開業予定、お台場エリア「青海」の新アリーナ施設名称を「TOYOTA ARENA TOKYO」に決定(トヨタ自動車株式会社 2023年9月11日)、2024年3月27日閲覧
  223. ^ 川又英紀 (2022年9月2日). “トヨタが25年にお台場メガウェブ跡地でアリーナ開業、アルバルク東京の本拠地に”. 日経クロステック. 2022年12月5日閲覧。
  224. ^ 愛知県岡崎市内で大規模な先進的住宅団地を分譲”. トヨタ自動車 (2005年3月24日). 2020年9月6日閲覧。
  225. ^ “レジャー施設「フォレスタヒルズ」閉館 22年3月、トヨタ子会社運営”. 中日新聞. (2021年3月30日). https://www.chunichi.co.jp/article/227131 2021年3月30日閲覧。 
  226. ^ 架空販売で大阪トヨタ社員4人を逮捕、渡辺社長も謝罪
  227. ^ 米当局、トヨタの05年のリコールを調査へ”. 日本経済新聞 (2010年5月11日). 2023年3月13日閲覧。
  228. ^ トヨタ・レクサスGXの販売一時中止、世界全体に拡大 MSN産経ニュース 2010年4月14日
  229. ^ トヨタ レクサスSUVなど全世界で3万4000台リコール MSN産経ニュース 2010年4月20日
  230. ^ トヨタ広州、操業停止 デンソー系メーカーでスト - 中国新聞 2010年6月23日
  231. ^ 電子系統に欠陥なし=トヨタ車の急加速で-米運輸長官は「安全宣言」 時事ドットコム 2011年2月9日
  232. ^ a b トヨタの悔しさ、NASAが晴らす 中央日報 2011年2月10日
  233. ^ トヨタ問題は政治的ヒステリー 米紙が議会を批 47NEWS 2011年2月10日
  234. ^ “トヨタ、「急加速」問題めぐり1200億円を支払いへ 過去最大の罰金額、他社も影響懸念か”. NewSphere. (2014年3月20日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=3747098 2014年4月13日閲覧。 
  235. ^ 世界の武装ゲリラがトヨタを愛する理由
  236. ^ 「イスラム国」、ランクルなどトヨタ車を多数使用? 米財務省、トヨタに情報提供要請 丈夫で長持ちと人気
  237. ^ ISがトヨタ車の入手経路(最新情報
  238. ^ Global warming suit hits carmakers
  239. ^ 加州がGMやトヨタの新車購入停止へ、排ガス規制巡り対立 Reuters 2019年11月19日
  240. ^ 米コロラド州、カリフォルニア州の排ガスゼロ車規制を導入へ Reuters 2019年6月5日
  241. ^ 麻薬密輸:トヨタ米国籍女性役員を逮捕 容疑否認 警視庁 毎日新聞 2015年6月19日
  242. ^ 麻薬密輸容疑で逮捕のトヨタ元役員、不起訴処分で釈放 東京地検 産経ニュース 2015年7月8日
  243. ^ 逮捕のトヨタ元女性役員 釈放された背景に米大使館の介入疑惑
  244. ^ トヨタ初の外国人女性役員が逮捕、賛否分かれる広報対応
  245. ^ The Kennedy touch:Ambassador helps Toyota exec go free
  246. ^ “辞任の元トヨタ役員が復帰 麻薬密輸容疑で起訴猶予”. 時事ドットコム. (2022年6月23日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2022062301008&g=eco 2022年6月23日閲覧。 
  247. ^ トヨタ源泉徴収漏れ 3億円超追徴課税 ラリー車開発など巡り 日本経済新聞 2017年10月13日
  248. ^ “トヨタ社員がパワハラで自殺 適応障害を発症、労災認定”. 共同通信. (2019年11月19日). https://this.kiji.is/569343182553629793 2019年11月19日閲覧。 
  249. ^ a b “トヨタ社員、パワハラ自殺 労災認定 上司暴言で適応障害”. 東京新聞. (2019年11月19日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201911/CK2019111902000279.html 2019年11月19日閲覧。 
  250. ^ a b c “上司が「学歴ロンダリングだ」と侮辱…自殺したトヨタ社員、適応障害発症で労災認定”. 読売新聞. (2019年11月19日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20191119-OYT1T50121/ 2019年11月19日閲覧。 
  251. ^ 遠藤隆史、千葉卓朗. “パワハラ自殺、トヨタと遺族和解 人事評価基準を見直し”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年6月7日閲覧。
  252. ^ “トヨタ社員がパワハラ自殺 労災認定、遺族が賠償請求へ”. 朝日新聞. (2019年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASMCM33X0MCMPTIL006.html 2019年11月19日閲覧。 
  253. ^ a b c 福田俊之. “トヨタ、パワハラ自殺の遺族側と和解、豊田社長が直接謝罪”. Response.. 株式会社イード. 2021年6月7日閲覧。
  254. ^ “中部運輸局、ネッツ愛知プラザ豊橋 指定整備事業取り消し”. 日刊自動車新聞. (2021年4月5日). https://www.netdenjd.com/articles/-/247687 2021年9月17日閲覧。 
  255. ^ a b “トヨタモビリティ東京、レクサス高輪で不正車検 2年間で565台”. 日刊自動車新聞. (2021年7月21日). https://www.netdenjd.com/articles/-/253079 2021年9月17日閲覧。 
  256. ^ a b 本多倖基 (2021年7月20日). “レクサス販売店で不正車検、数値改ざんなど”. 日経クロステック (日経BP). https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/10837/ 2021年12月31日閲覧。 
  257. ^ “トヨタ直営店で不正車検、「全店総点検」の切迫度 トヨタ販売店「不正車検」の深層”. 週刊東洋経済プラス. (2021年7月29日). https://premium.toyokeizai.net/articles/-/27655 2021年9月17日閲覧。 
  258. ^ 福田俊之. “トヨタ、販売店の相次ぐ不正発覚で「最短45分で車検完了」の記載削除[新聞ウォッチ]”. Response.. 株式会社イード. 2021年9月17日閲覧。
  259. ^ “ネッツトヨタ山梨、本社セイリア店で不正車検 260台を無償で再検査”. 日刊自動車新聞. (2021年9月14日). https://www.netdenjd.com/articles/-/255472 2021年9月17日閲覧。 
  260. ^ “トヨタ系列 自動車販売会社で車検不正 2年間で260台”. NHKニュース. (2021年9月10日). https://web.archive.org/web/20210910130100/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210910/k10013254201000.html 2021年9月17日閲覧。 
  261. ^ トヨタ自動車(株)の系列販売会社における不正車検等への対応について”. 国土交通省. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  262. ^ a b 久米秀尚 (2021年9月29日). “トヨタ不正車検問題、販売店12社に拡大 合計6000台超に”. 日経クロステック (日経BP). https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01537/00208/ 2021年12月31日閲覧。 
  263. ^ a b トヨタ自動車(株)の系列販売会社における不正車検等への対応について(続報)”. 国土交通省. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  264. ^ トヨタ系11店、処分や注意 不正車検で国交省”. 産経新聞. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  265. ^ a b c d “トヨタ、販売会社9社で個人情報の不適切な取扱い 本人の同意を得ずに個人情報3318名分をID登録”. Car Watch(インプレス. (2021年8月19日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1344985.html 2021年9月18日閲覧。 
  266. ^ “トヨタ、顧客同意なく個人情報取得 3300人分のID発行”. 日本経済新聞. (2021年9月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD196EV0Z10C21A8000000/ 2021年9月18日閲覧。 
  267. ^ “トヨタ、個人情報の不適切な取り扱いについて続報 販売会社27社で本人の同意を得ずに5797名分をID登録”. Car Watch(インプレス. (2021年9月15日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1351283.html 2021年9月18日閲覧。 
  268. ^ 自動運転オペレーターのトヨタ社員を書類送検 パラ選手村の接触事故”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2022年1月6日). 2022年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月8日閲覧。
  269. ^ 東京パラ選手村バス事故 オペレーターのトヨタ社員 書類送検”. TBS NEWS. YouTube (2022年1月6日). 2022年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  270. ^ 東京パラ選手村バス事故 オペレーターのトヨタ社員 書類送検 - YouTube
  271. ^ 選手村内で接触事故 組織委公表遅れでトヨタへの“忖度”は否定”. nikkansports.com. 日刊スポーツ (2021年8月28日). 2021年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  272. ^ 忖度?火消し?トヨタの自動運転車の事故報道、ネットで疑問視”. SAKISIRU. 株式会社ソーシャルラボ (2021年8月28日). 2021年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月22日閲覧。
  273. ^ “パラ選手村事故で起訴猶予 自動運転バスのトヨタ社員”. 産経新聞. (2021年3月4日). https://www.sankei.com/article/20220304-KUIWQRWS2ROFVG7BIDH63VIBU4/?outputType=theme_tokyo2020 2022年3月12日閲覧。 
  274. ^ 電通、デジタル広告で"不適切取引"の裏事情”. 東洋経済オンライン (2016年9月24日). 2023年1月22日閲覧。
  275. ^ RIETI - 009: 高潔な倫理観の制度化――日本の委員会等設置会社の位置付け






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「トヨタ自動車」に関係したコラム

  • 株式取引でのサヤ取りの方法

    サヤ取り(鞘取り)とは、2つの銘柄、あるいはそれ以上の銘柄の価格差を取る売買手段のことです。株式取引でのサヤ取りの方法は、通常は2つの同じような値動きをする銘柄を選び、1つは売り、もう1つは買いのポジ...

  • CFDのペアトレードの方法

    ペアトレードは、似たような価格の推移する2つの銘柄を、片方を売り建てし、もう片方を買い建てすることです。2つの銘柄は基本的に同じような値動きをしますが、僅かな価格のブレが生じた時に利益が発生することが...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

  • 株365の日経225証拠金取引の見方

    株365の日経225証拠金取引は、日経平均株価(日経225)に連動して値動きする銘柄です。そのため、日経平均株価の値動きや構成銘柄の特徴を知ることで日経225証拠金取引の値動きを予測できます。日経平均...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トヨタ自動車」の関連用語

トヨタ自動車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トヨタ自動車のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトヨタ自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS