ギズモード ギズモードの概要

ギズモード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 02:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
Gizmodo
URL https://gizmodo.com/
タイプ ブログ
運営者 ゴーカー・メディア (Gawker Media)
設立者 ピーター・ロジャス (Peter Rojas)
登録 不要(登録サービスは存在)

アメリカ合衆国以外にも10か国で展開されている[1]。月間閲覧数が2009年1月時点で英語版約8000万回、日本版(「ギズモード・ジャパン」)は2014年で約6900万回[1]

歴史

ピーター・ロジャスが2002年に開設。彼はその後[いつ?]ブログ及びポッドキャストの「Engadget」立ち上げにも携わっている。当初英語のみであったが、2005年よりアメリカニューヨークに本社を置くニールセン・カンパニー社とゴーカー社が共同でヨーロッパへと進出、コンテンツの翻訳と各国内独自の話題を追加した内容を展開していった。

iPhone4試作機流出事件

2010年、「iPhone 4」試作機を不正に入手した人物から、Gizmodo編集部は5000ドルで購入。その製品画像、分解画像を記事としてサイトに掲載していた事件[2]

ギズモード・ジャパン

ギズモード
URL https://www.gizmodo.jp/
タイプ ブログメディア
運営者 株式会社メディアジーン
設立者 小林弘人
営利性 営利

ギズモード・ジャパン (Gizmodo Japan) は2006年7月31日、月刊誌「サイゾー」の刊行など事業を行っていた株式会社インフォバーンが立ち上げた。その後2008年2月、インフォバーンがグループ会社として株式会社メディアジーンを設立し、ギズモード・ジャパンを運営譲渡した。現在、LivedoorYahoo!などポータルサイトへ記事を配信している。内容は翻訳主体で全体の3割程度の独自記事を配信しているとするが、利用規定ではいずれについても内容の責任を負わないとしている[1]

世界のテクノロジーニュース、新製品情報から、製品レビューやデジタル社会問題の考察、イベントレポート、インタビューなど、幅広い形式の記事を掲載。ガジェットやウェアラブルデバイス、Internet of Thingsから宇宙、サイエンス、バイオ、自動車、アート、デザイン、エンターテイメントまで、これまでのガジェット中心のテクノロジー情報メディアから、デジタル社会全体をカバーするメディアへ変わりつつある。

2020年のアニメ富豪刑事 Balance:UNLIMITEDのガジェット設定に協力している。

歴代編集長

  • ゲスト編集長 清田いちる
  • 2代目編集長(正式な編集長としては初)大野恭希
  • 3代目編集長 尾田和実
  • 4代目編集長 松葉信彦
  • 5代目編集長 鈴木康太
  • 6代目編集長 尾田和実

  1. ^ a b c ギズモード・ジャパン. “ギズモード・ジャパンについて”. ギズモード・ジャパン. 2009年9月23日閲覧。
  2. ^ iPhone 4試作機流出事件、米検察局が男性2名を訴追--Gizmodoは不起訴


「ギズモード」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギズモード」の関連用語

ギズモードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギズモードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギズモード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS