エレクトリックベースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 楽器 > エレクトリックベースの意味・解説 

エレクトリックベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/01 14:17 UTC 版)

エレクトリックベースギター(electric bass guitar エレクトリックベースエレキベースとも)とは電気楽器の一種であり、低音部の撥弦楽器である。日本では「エレクトリック・ベースギター」と略さずに呼ばれることは少なく、エレキベース、ベースギター、あるいは単にベースと呼ばれる(本項本文では主にエレキベースと表記する)。は基本的に4本[1]。5本や6本以上のものは多弦ベースとも呼ばれる[2]。ポピュラーな楽器だが、1940年代に登場した際には非常に高価な楽器だった。ベース弦もギター弦に比べると高価である[3]。また左利き用ベース本体価格は新品の場合、右利き用の概ね25%程度の価格増しとなる。


注釈

  1. ^ ジェームス・ブラウンのJBズのあと、Pファンクに移ったファンク・ベーシスト。
  2. ^ アレサ・フランクリンらの録音に参加した南部のベーシスト。
  3. ^ ジミー・ジェイムズ&ヴァガボンズ出身のフィル・チェンは「ホット・レッグズ」でもベースをひいている。また彼はボブ・マーレー、レイ・チャールズ、ピート・タウンゼントなど、多くの音楽家と共演している。
  4. ^ ウィルトン・フェルダー、スティックス・フーパーらがメンバー。

出典

  1. ^ エレキベースとはどういう楽器? - ベースの初心者
  2. ^ <Cap, Ariane (2018). Music Theory for the Bass Player: A Comprehensive and Hands-on Guide to Playing with More Confidence and Freedom. CapCat Music Media. p. 10. ISBN 978-0-9967276-3-1. Retrieved May 12, 2020.
  3. ^ ベース弦はなぜ高い?メーカーさんに直接聞いてみた - RAG MUSIC 楽器入門 楽器をもっと楽しむWebマガジン
  4. ^ フェンダーベースの特徴と種類別おすすめベース5選+弦・アンプ” (日本語). ピカップ. 2018年9月21日閲覧。
  5. ^ About | Fender Musical Instruments”. 2018年9月21日閲覧。
  6. ^ エレキベースのメーカー - ベースの初心者
  7. ^ “Ohio Players bassist Marshall Jones dies at 75”. Philadelphia Tribune. (2016年5月27日). https://www.phillytrib.com/ohio-players-bassist-marshall-jones-dies-at/article_c79f340a-8065-5877-88ff-59424940f483.html 2021年9月8日閲覧。 
  8. ^ アンディ・フレイザー ディスコグラフィ 2021年8月7日閲覧
  9. ^ Grand Funk Railroad”. NME. 2021年8月7日閲覧。
  10. ^ Mel Schacher”. Theamericanband.com. 2021年8月7日閲覧。
  11. ^ 世界の有名ベーシスト スタジオラグへおこしやす
  12. ^ 『ビートルズ・ロック・ベース教室』シンコー・ミュージック、初版、1996年8月12日。45頁。ISBN 4-401-12023-X
  13. ^ Inc., mediagene「15弦ベースってどんな音がするの?」『』、2017年11月5日。2018年9月21日閲覧。


「エレクトリックベース」の続きの解説一覧




エレクトリックベースと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エレクトリックベース」の関連用語

エレクトリックベースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エレクトリックベースのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエレクトリックベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS