kemariとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > kemariの意味・解説 

蹴鞠

(kemari から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/13 01:50 UTC 版)

蹴鞠(けまり / しゅうきく[1])は、球技の一つ。本項では、中国にかつて存在した類似する球技についても解説する。


  1. ^ a b c d 蹴鞠(しゅうきく)保存会理事 山本隆史「理想の蹴鞠作り この手で◇京都の保存会で製法調査し復元、優雅な蹴り心地求め四半世紀◇日本経済新聞』朝刊2021年12月29日(文化面)同日閲覧
  2. ^ a b 中沢新一『精霊の王』(講談社学術文庫、2018年)第1章 謎の宿神
  3. ^ ウィキメディア・コモンズには、中国の蹴鞠に関するカテゴリがあります。
  4. ^ a b c d 神社と深くつながる「蹴鞠」國學院大学2018年2月16日
  5. ^ 日本書紀24巻、皇極天皇三年(644)正月条、「打毱(まりうち・ちゃうきゅう)の侶に預りて、皮鞋の毱の隨に脱け落つる」
  6. ^ a b c d e f g (文化の扉)蹴鞠、「和の精神」に通ず/相手思いやり、勝敗なし■「古くは競技」の解釈も朝日新聞』朝刊2018年11月26日(2019年9月20日閲覧)
  7. ^ 本朝月令文武天皇大宝元年5月5日、『古今著聞集
  8. ^ a b c d e 尾形弘紀「蹴鞠の哲学、または地を這う貴族たち ―院政期精神史のひとつの試み(三)」『中央大学文学部紀要 哲学59号(2017年2月22日)
  9. ^ 佐々木徹 著「戦国期奥羽の宗教と文化」、遠藤ゆり子 編『伊達氏と戦国争乱』吉川弘文館、2016年、239頁。 
  10. ^ 渡辺融 「フットボール、昔と今」
  11. ^ 増川宏一『合わせもの』法政大学出版局〈ものと人間の文化史〉、2000年、126-129頁。ISBN 4588209418 
  12. ^ 蹴鞠 宮内庁(2021年12月29日閲覧)
  13. ^ そもそもルールが全く違う?日本サッカーの意外すぎる歴史とは?”. 初心者女子のためのスポーツメディア♡ | spoitスポイト. 2020年6月13日閲覧。
  14. ^ a b c d 蹴鞠『国史大辞典. 第2 かーこ』八代国治等編(吉川弘文館、大正14-15年)
  15. ^ 『見世物研究』(春陽堂, 1928年)p.16
  16. ^ 池 2014, p. 22.
  17. ^ 池 2014, p. 23.





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「kemari」の関連用語

kemariのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



kemariのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蹴鞠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS