302号車とは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(江ノ電) > 302号車の意味・解説 

302-352

302-352号車(在籍昭和32年平成9年昭和4年製造された101102号車を、32年改造してデビューしました。その小柄車体は、近年江ノ電イメージとして定着していますが、最期まで冷房化されることなく、また古い性能のままでした。引退後、2両は離れることなく山梨県南巨摩群富沢町にあるオートキャンプ場『ターキーズハウス』でバンガローとして第2の人生を送っています。なお、同じ時期改造された303-353号車は、冷房化・新性能化され現在も活躍続けています。

302号車


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「302号車」の関連用語

302号車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



302号車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江ノ島電鉄江ノ島電鉄
Copyright(C) 2019 Enoshima Electric Railway Co.,Ltd. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS