雪玉とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 雪玉の意味・解説 

雪玉

作者一原有徳

収載図書クライン・ブルーの石一原有徳山行小説集」
出版社現代企画室
刊行年月2001.6


雪玉

読み方:ユキダマ(yukidama)

による童戯一つで、堅い手毬大の雪玉をつくり、じゃんけん順序決め相手の雪玉をひさしの下の土間などにおかせ、自分の雪玉を力まかせに打ちつけて、砕けたほうを負けとする

季節

分類 人事


雪玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/31 05:23 UTC 版)

雪玉(ゆきだま)は、で作られた球状の物体であり、通常は手で雪を掬って、ほぼ拳大に固めて作る。しばしば、雪合戦等のゲームのために作られる。また、異なる大きさの雪玉を組み合わせて、雪だるまが作られる。雪を固める際に手でかける圧力が仕上がりにとって重要である。弱い圧で握ると軽くて柔らかい雪玉になり、湿った雪を使うか強い圧で握るとアイスボールとも呼ばれる固い雪玉になる。




「雪玉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雪玉」の関連用語

雪玉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雪玉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雪玉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS