適応値とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 適応値の意味・解説 

適応値

生殖年齢にある個体が、同様に生殖年齢達す子供一定数もつ確率は恐らくその遺伝子型(912-1)に依存している。このような差別生殖淘汰 1呼ばれる。ある遺伝子型淘汰値選択価) 2あるいは適応値 2は、その遺伝子型を持って生殖年齢まで生存する個体相対的子供数である。ある個体群population)の平均淘汰値 3あるいは適応度 3は、その構成員遺伝子型に関する淘汰値平均等しい。個体群遺伝的加重 4は、異なる適応値をもつ種々の遺伝子型存在することによって生ずる、平均適応値の相対的減少である。ある個体群異な世代に、特定の遺伝子が見出される頻度無作為変動は、遺伝的浮動 5呼ばれる。ある個体群遺伝子構造 6は、その構成員のある遺伝子座(911-4)上の種々の対立遺伝子(911-5)の頻度分布指している。ある個体群遺伝子型構造 7は、同一遺伝子座異な遺伝子型分布のことである。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「適応値」の関連用語

適応値のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



適応値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。

©2018 Weblio RSS