自利利他とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 自利利他の意味・解説 

じり‐りた【自利利他】

仏語。自らの悟りのために修行努力することと、他の人の救済のために尽くすこと。この二つを共に完全に行うことを大乗理想とする。自益益他。自行化他自他


じり‐りた【自利利他】

〔名〕 仏語自利利他自利とは、自己の修行により得た功徳自分だけが受けとることをいい、利他とは、自己の利益のためでなく、他の人々救済のために尽くすことをいう。この両者を完全に両立させた状態に至ることを、大乗仏教理想とする。

撰集抄(1250頃)七「自利々他心平等 是則名真供養仏と侍れば、たれたれもこの心をまもり給へと也」


じりりた 【自利利他】

仏教用語自分悟りを得ようと修行励み、その目的自分利得のみにとどめているのが自利悟り次に他人利益こうむるように他へ生かしてやるのが利他小乗仏教概して自利であり、大乗仏教利他目的とするといわれる。仏とはこの両業が完全化された人だとする。自行化他自利利人・自益益他とも。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自利利他」の関連用語

自利利他のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自利利他のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS