紅扇椰子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 紅扇椰子の意味・解説 

べにおうぎやし (紅扇椰子)

Latania lontaroides

Latania lontaroides

マダガスカル島の東800キロにあるレユニオン島分布しています。単幹で、高さは3メートルほどになります大きな白色団扇状のを広げます。名前は、幼のときに葉柄赤色をしていることから。
ヤシ科ベニオウギヤシ属の常緑低木で、学名Latania lontaroides。英名は Red latan palm
ヤシのほかの用語一覧
ブラジルヤシ:  ブラジル椰子  ヤタイ椰子
プリトカルディア:  椰子
ベニオウギヤシ:  紅扇椰子
ミツヤヤシ:  三矢椰子
ヤエヤマヤシ:  八重山椰子
ヤマドリヤシ:  山鳥椰子




紅扇椰子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

紅扇椰子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紅扇椰子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS