穴太衆積み石垣とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 穴太衆積み石垣の意味・解説 

穴太衆積み石垣

読み方あのうしゅうづみいしがき

穴太とは、大津市坂本付近に今も残る地名室町時代の末頃、この地に居住し、延暦寺土木営繕的な御用勤めていた人々は「穴太衆」と呼ばれ、織田信長安土城始め江戸時代初期各地石垣普請従事した。大小整形ていない自然石巧みに積み上げたもので、堅固に積むことから、城の石垣などに利用されたという。延暦寺門前開け坂本の町には、同寺の里坊点在しているが、その町並み景観特色付けているのが、この穴太衆積み石垣である。市指定史跡

交通アクセス

京阪電車石坂線坂本駅下車

穴太衆積み石垣




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「穴太衆積み石垣」の関連用語

穴太衆積み石垣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



穴太衆積み石垣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY

©2021 GRAS Group, Inc.RSS