看取りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 看取 > 看取りの意味・解説 

み‐とり【見取り】

見取ること。見て知ること。また、見て写し取ること。「見取り芸(=見て覚えた芸)」

(「看取り」とも書く)病人そばにいていろいろと世話をすること。看病また、その人臨終付き添うこと。

「力(つと)めて俊三の傍に―して居たが」〈木下尚江良人の自白

江戸時代、やせた土地開発間もない新田などで収穫が不安定場合石高をつけずに、坪刈りをして納米高を決めたこと。

見取り小作」の略。


看取り

読み方:みとり

ラ行五段活用動詞看取る」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

看取り

作者青山獣炭

収載図書フーコー短編小説傑作選 4(下)
出版社フーコー
刊行年月2000.7




看取りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「看取り」の関連用語

看取りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



看取りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS