生クリームとホイップの違いとはとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 生クリームとホイップの違いとはの意味・解説 

生クリームとホイップの違いとは

根本的には、生クリームは「乳脂肪のみを原料とした食品」のことであり、「ホイップ」は「泡立て加工された食品」のことである。区分観点が違う。そのため「生クリーム加工したホイップ」という場合もある。

一般的には、「ホイップ(またはホイップクリーム)」は「乳脂ではない(植物性油脂などの)代替品原料とするホイップ」を指す意味で用いられ、他方生クリーム(を用いホイップ)」は「生クリーム」と呼ばれてそれぞれ区別する意味で用いられている場合が多い。

ホイップ(英:whip)はもともと「(強くかき回して)泡立たせる」という意味の単語であり、生クリームあるいは卵白などを泡立てたもののことである。

通俗的な「生クリーム」:乳脂から作られるホイップクリームのこと
通俗的な「ホイップ」:乳脂以外の原料から作られるホイップクリームのこと
通俗的な「ホイップクリーム」:ホイップ(という加工法)で作られた食品のこと

なお食品衛生法には「生クリーム」という区分はない。「乳脂肪分以外の成分除去したもの」を乳脂肪分多寡によらず「クリーム」と呼ぶ。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生クリームとホイップの違いとはのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生クリームとホイップの違いとはのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS