狼子野心とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 狼子野心の意味・解説 

ろうし‐やしん〔ラウシ‐〕【×狼子野心】

《「春秋左伝宣公四年から。(おおかみ)の子は飼われていても生来野性のために飼い主になかなかなれない意から》人になれ従わず、ともすれば危害加えようとする心。


狼子野心

作者えとう乱星

収載図書殺生方控 ほうけ奉行
出版社実業之日本社
刊行年月1994.10

収載図書ほうけ奉行若宮隼人殺生方
出版社ベストセラーズ
刊行年月2005.7
シリーズ名ベスト時代文庫




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狼子野心」の関連用語

1
14% |||||


3
2% |||||

狼子野心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



狼子野心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 Weblio RSS