浸潤性乳がんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 浸潤 > 浸潤性乳がんの意味・解説 

浸潤性乳がん

【仮名】しんじゅんせいにゅうがん
原文infiltrating breast cancer

乳房内の最初発生部位から周囲の正常組織へと拡がったがんのこと。浸潤性乳がんの大半乳管小葉から乳頭までの母乳通り道となる管)から発生する。浸潤性乳がんは、血流リンパ系を介して体の他の部位転移する可能性がある。「invasive breast cancer(浸潤性乳がん)」とも呼ばれる

浸潤性乳がん

【仮名】しんじゅんせいにゅうがん
原文invasive breast cancer

乳房内の最初発生部位から周囲の正常組織へと拡がったがんのこと。浸潤性乳がんの大半は、乳管小葉から乳頭まで続く、母乳通り道となる管)から発生する。浸潤性乳がんは血流リンパ系を介して体の別の部位転移する可能性がある。「infiltrating breast cancer(浸潤性乳がん)」とも呼ばれる



浸潤性乳がんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浸潤性乳がん」の関連用語

浸潤性乳がんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浸潤性乳がんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2020 Weblio RSS