有事のドル売りとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 有事のドル売りの意味・解説 

有事のドル売り

読み方:ゆうじのドルうり

大事件が起きた際には米ドル通貨を売るとよいという格言

「有事のドル売り」の有事とは、戦争内紛テロ経済危機自然災害などの事件を指す。「有事のドル売り」は、このような事件が起きた時は、流動性の高い米ドルを売っておくとよいという経験則である。

「有事のドル売り」により、円通貨は円高になる。

「有事のドル売り」は、過去には2001年アメリカ同時多発テロ事件2003年米軍によるイラク空爆などで起きている。

一方1991年湾岸戦争2011年金正日・総書記死去の時はドルが買われた。これを「有事のドル買い」と呼ぶ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有事のドル売り」の関連用語

有事のドル売りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



有事のドル売りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS