新井恒易とは? わかりやすく解説

新井恒易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 22:36 UTC 版)

新井 恒易(あらい つねやす、1912年12月18日[1] - 1999年9月15日[2])は、日本の民俗学者教育評論家。特に民俗芸能の研究。


  1. ^ a b 新井恒易 1987
  2. ^ 新井奈夫 2000
  3. ^ a b 渡辺伸夫 1989
  4. ^ 折口信夫 『日本藝能史六講』 三教書院、1944年、144頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453603/77 
  5. ^ 郷土教育協会編『日本教育年鑑 1951年版』明治書院、1951年、p.627
  6. ^ 新井恒易『危機の学生運動 : 歴史とその展望』明治書院、1952年、奥付け
  7. ^ 新井恒易 1953
  8. ^ 角川源義賞”. 一般財団法人角川文化振興財団. 2017年2月26日閲覧。


「新井恒易」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新井恒易」の関連用語

新井恒易のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新井恒易のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新井恒易 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS