思い出すとは?

おもい‐だ・す〔おもひ‐〕【思い出す】

[動サ五(四)

過去のこと、忘れていたことを心によみがえらせる。「青春時代を—・す」「急用を—・す」

思いはじめる。「彼のほうが正しいのではないかと—・してきた」


おもい‐だ・す おもひ‥ 【思出】

〔他サ五(四)

前にあったことや忘れていたことを再び思う。おもいいだす

歌謡閑吟集(1518)「思ひだすとは忘るるか、おもひださずや、忘れねば」

天草本平家(1592)三「ミヤコデノ コト ヲ vomoidaite(ヲモイダイテ)」

② ある考え心に浮かぶ。おもいつく。おもいいだす

俳諧曠野(1689)二「かざりにとたが思ひだすたはら物〈冬文〉 正月のかしらや炭だはら〈傘下〉」

③ あることを考えはじめる。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「斯んな時に不図誘はれて死ぬ気になるのぢゃないかと思ひ出す」


思い出す

出典:『Wiktionary』 (2019/12/19 10:37 UTC 版)

漢字混じり表記

(おもいだす)

  1. おもいだす参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思い出す」の関連用語

思い出すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思い出すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの思い出す (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS