幼生生殖とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 幼生生殖の意味・解説 

ようせい‐せいしょく〔エウセイ‐〕【幼生生殖】

幼生段階体内卵細胞発生始め現象単為生殖一種吸虫タマバエなどでみられる。


ようせい‐せいしょく エウセイ‥ 【幼生生殖】

〔名〕 成体になる前の段階で、幼虫体内卵細胞発生始め現象単為生殖一種寄生虫である肝蛭(かんてつ)や、タマバエでその例が見られる


幼生生殖

英訳・(英)同義/類義語:paedogenesis

幼生形態のままで生殖活動を行うこと。メキシコホライモリなど。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  常染色体劣性遺伝  平衡覚  幼生  幼生生殖  延髄反射  強縮  形態形成



幼生生殖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幼生生殖」の関連用語

幼生生殖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幼生生殖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS