天然ガソリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > ガソリン > 天然ガソリンの意味・解説 

天然ガソリン

読み方てんねんがそりん
【英】: natural gasoline

天然ガスから分離回収される液体分すなわち NGLnatural gas liquids)をさらに分留して LPG 分を分離して得られるガソリン状の液体成分炭化水素炭素数は C5~C8主体ガソリンと同様であるが、製油所で得られる直留ガソリン比べて軽質分の割合多く、より揮発性に富む。自動車ガソリン用のブレンド基材工業揮発油溶剤など)および化学工業原料などに用いられる。油田またはガス田近傍において NGL精製して天然ガソリンを製造する設備をガソリン・プラントという。



天然ガソリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天然ガソリン」の関連用語

天然ガソリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天然ガソリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2019 Weblio RSS