喧しいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 喧しいの意味・解説 

やかまし・い【×喧しい】

[形][文]やかま・しシク

声や物音などが騒がしい。うるさく、不快である。「工事現場の—・い音」

いろいろの人が話題にして騒がしい。また、評判が高い。「世間が—・い」

こまごまとしていて、めんどうくさいまた、小言多くわずらわしい。「何事にも—・い人」「書類の手続きが—・い」

きびしい。「しつけに—・い家庭」「規則が—・い」

好みなどが気むずかしい。「食べ物に—・い人」

→煩(うるさ)い[用法]

[派生] やかましがる[動ラ五]やかまし形動やかまし[名]


かま‐びすし・い【×喧しい/×囂しい】

[形][文]かまびす・しシク古くク活用であったものが、中世初期ごろからシク活用として用いられたもの》やかましい。かしましい。「—・い(せみ)の鳴き声」「世間声があれこれと—・い」

波の音常に—・しく潮、風ことに激し」〈方丈記

[派生] かまびすし[名]


かしまし・い【×囂しい/×姦しい/×喧しい】

[形][文]かしま・しシク大い耳障りである。やかましい。かしがましい。「女三人寄れば—・い」

[派生] かしましさ[名]


やかまし・い【喧】

〔形口〕 [文]やかまし 〔形シク

① 音や声などが大きかったり、多く入り交じったりして、神経をいらだたせる。騒がしい。

評判記色道大鏡(1678)五「をのをのは何をやかましく申さるるぞ」

こまごまとした感じで、煩わしい。めんどうである。

浮世草子傾城禁短気(1711)五「九月紋日御世話やかまし思召しての事と

小言無駄口などが多く聞いて煩わし感じる。

浄瑠璃冥途の飛脚(1711頃)中「はてやかましい。此忠兵衛それ程たはけと思やるか」

形式とらわれている。理屈っぽい

安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「わちきなんざア十三のとき北廊(なか)でひろめをしてやかましい合しゅにひきまはされて」

(5) 厳しい。厳格である。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「内においてどのやうにやかましく申ても、折屈(をりかがみ)が直りませぬ」

(6) 盛んに話題にされる。評判が高い。

露団々1889)〈幸田露伴〉八「大分評判やかましいから、世界中にひろまるに違ひない」

〔他ラ五(四)

形動

〔名〕


かしがまし・い【囂・喧】

〔形口〕 [文]かしがまし 〔形シク〕 (古くは「かしかまし」)

① 声や音が、耳ざわりなほど騒々しいやかましい。かしましいかまびすしい

古今(905‐914)雑体・一〇一六秋の野になまめきたてる女郎花あなかしかまし花も一時遍昭〉」

源氏100114頃)東屋かしかましきまで追ひののしりて」

ちょっとしたことにもとやかく言う。口うるさい。

平中(965頃)二七「わびしくさがなき朽嫗(くちをな)の、〈略〉かしかましものなりければ」

③ いろいろ入りまじって煩わしい

連理秘抄1349)「言葉あらく景物おほく、かしかましきやうにて付けにくきは、下品の句也」

[語誌](1)「かし」は「かしまし」の「かし」と通じ、「かま」は「かまし」「かまかまし」「かまびすし」の「かま」で、いずれもほぼ同意の語である。
(2)近世以後第三音節濁音となったが、接尾語「がまし」との類推近接によるか。

形動

〔名〕


かしまし・い【囂・姦・喧】

〔形口〕 [文]かしまし 〔形シクやかましい。さわがしい。そうぞうしい耳障りである。かしがましい。「女三人寄ればかしましい

落窪(10C後)三「あなかしまし。今は取り返すべき事にもあらず

*虎明本狂言鞍馬参室町末‐近世初)「ああかしましや、みみもとへよってかしましう仰られては、中々ふくのわたらせられぬ」

[語誌]挙例の「落窪‐三」が古いが、この箇所本文異同があり、九条家本などでは「かしかまし」となっている。同書には他に意味用法が同じ「あなかしかまし」が二例見え、「源氏」にも「かしかまし」や「みみかしかまし」の例はあるが「かしまし」はないところから、平安時代語とするには問題が残る。

形動

〔名〕


かま‐びすし・い【囂・喧】

〔形口〕 [文]かまびすし 〔形シク〕 (古くク活用鎌倉初期ごろからシク活用あらわれたらしい。→かまびすし

① (音や声が)やかましい。さわがしい。かしましいかまみすし

方丈記1212)「波の音、常にかまびすしく、しほ風ことにはげし」

東京日日新聞明治一六年(1883)八月三日先般名古屋にて松平良七の松平慶承が公判を開かれしに、一般評判囂すしく」

② =かまびすし(囂)②

[語誌]ク活用の「かまびすし」は元来漢文訓読語で、中古和文では「かしがまし」が用いられた。中世以後も主に文語文体の中で使われ、それに対応する口語は、中世では「かしまし」、近世では「やかまし」「さわがし」であった。

〔名〕


喧しい

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 04:16 UTC 版)

漢字混じり表記

喧し

  1. かまびすしい参照
  2. やかまし参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喧しい」の関連用語

喧しいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



喧しいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの喧しい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS