否とよとは? わかりやすく解説

いな‐と‐よ【否とよ】

読み方:いなとよ

[感]《「と」は格助詞、「よ」は感動の意を表す間投助詞他人言葉否定し自分の気持ちなどを述べようとするときに用いる語。いやそうではないよ。いやとよ

「しらといふこそよからめといへば…、—、世にしらともしら鼠ともいふにこそとうちこまれ」〈鶉衣・百譜〉


いや‐とよ【否とよ】

読み方:いやとよ

[感]感動詞「いや(否)」+連語「とよ」から》いや、そうではないよ。いやいやいなとよ

「—源太。都はいまだ軍(いくさ)なかば、そなた一人帰されしは心得ず」〈浄・盛衰記





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

否とよのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



否とよのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS