台輪鳥居とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 神道 > 鳥居 > 台輪鳥居の意味・解説 

だいわ‐とりい〔‐とりゐ〕【台輪鳥居】

読み方:だいわとりい

稲荷鳥居(いなりどりい)


台輪鳥居

明神鳥居ら変形した建立仕方で、島木との接点部分に、
一枚の「座」をはめているところに大きな特色をもってます。
そして、この「座」を台輪称して
柱の上部から腐っていくことを防ぐための手法から生まれたものです
実際に腐蝕を防ぐために役だっているのかどうか不明ですが、
太いと細い島木との間にあり、調和のとれた建立となってます。
台輪鳥居



台輪鳥居と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

台輪鳥居のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



台輪鳥居のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
安斉管鉄安斉管鉄
Copyright (C) 2003-2022 Anzaikantetsu CO,LTD. All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS