只管打座とは?

Weblio 辞書 > スポーツ > 剣道用語 > 只管打座の意味・解説 

只管打座(しかんだざ)

ひたすら打座れということで、あれこれ雑音惑わされることなく只一向に念仏唱え打ち座っているうちに道は自然にひらけると言う法然(ほうねん)の教えである。
剣道もこの精神で、あれこれ思い煩うことなく只一向に稽古にはげめば道は自らひらけ、理も明らかになり、稽古も必ず上達するという教訓である。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「只管打座」の関連用語

只管打座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



只管打座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2020 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典

©2020 Weblio RSS