勝山竹細工とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 細工 > 勝山竹細工の意味・解説 

勝山竹細工

【工芸品名】
勝山竹細工
【よみがな】
かつやまたけさいく
【工芸品の分類】
竹工
【主な製品】
そうけ、めしぞうけ、米あげぞうけ、パン籠、盛籠花器壁掛け
【歴史】
勝山竹細工は19世紀初頭始まり江戸時代末期には産地としての形が整っていたと言えます。主な製品である「そうけ」「めしぞうけ」に関連するものとして、江戸時代末期に作られたと思われる「張そうき」と呼ばれる竹籠が現在まで伝えられています。
【主要製造地域】
岡山県
【指定年月日】
昭和54年8月3日
【特徴】
一貫して実用工芸品本位に製作を続けています。製品は素中にも存在感があり、使いやすさと丈夫さには定評あります。竹という素材の持つ味から、和洋食卓利用できる活用性の広さあります




勝山竹細工と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勝山竹細工」の関連用語

勝山竹細工のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勝山竹細工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2021 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS