共鳴実験とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 共鳴 > 共鳴実験の意味・解説 

共鳴実験

【英】:resonance experiment

光周反応概日リズムとの関係を調べるための実験。一定の長さ明期種々の長さ暗期からなる光周期明暗サイクル)のもとで、休眠花芽形成などの光周反応あらわれ方を調べる。かりに明期12時間とした場合光周期明暗サイクル)の長さは、暗期時間場合18時間10時間場合22時、12時間の場合24時間・・・・・となり、それぞれの光周期のもとで光周反応調べる。光周期長さによって光周反応変化し、約24時間あるいはその倍数のときにピークになるような結果が得られれば、これらの光周期共鳴する機構すなわち概日時計関与している可能性があるとされる。光周反応が約24時間光周期のときにだけピークになる場合は、概日時計のように振動ではなく、1サイクルだけ作動するhour-glass 砂時計型の計時機構がはたらいてい可能性があるといわれるこの方法を思いついた人の名前をとってNanda-Hamner experimentナンダ-ハムナー実験)ともよばれる(図6)



共鳴実験と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共鳴実験」の関連用語

共鳴実験のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共鳴実験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS