佐竹永邨とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 佐竹永邨の意味・解説 

佐竹永邨

読み方さたけ えいそん

画家弘化2年(1845)磐城白川生。本姓本間、字は千畝、通称竹松初め馬弓碧潭蒲生羅漢、のち佐竹永海学び、その養子となる。大正11年(1922)歿、77才。

佐竹永邨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/10 03:07 UTC 版)

佐竹 永邨(さたけ えいそん、弘化2年2月23日1845年3月30日) - 大正11年(1922年8月7日)は幕末から大正期南画家。


  1. ^ 永海の15人目の妻に生まれた娘


「佐竹永邨」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「佐竹永邨」の関連用語

佐竹永邨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



佐竹永邨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐竹永邨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS