付け込むとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 動詞 > 五段活用 > マ行五段活用 > 付け込むの意味・解説 

つけ‐こ・む【付(け)込む】

[動マ五(四)

相手弱点やすきに乗じて事を行う。機会抜け目なく利用して自分が有利になるようにする。つけいる。「人の弱みに—・む」

帳面などに仕訳(しわけ)をしないで事項順々に記入する。「支出を—・む」

事務処理の上で、記入してはいけない余分金額書き加える。「帳簿に—・む」

あとを追って居所つきとめる

「おせんが帰るに—・み」〈浮・五人女・二〉

座敷などを前もって予約する。

一度逢う太鼓持ちも、かぎ出し来て—・めば」〈滑・浮世瓢箪


つけ‐こ・む【付込】

1 〔自マ五(四)

相手気持やすきに乗じて自分の有利をはかる。好機をとらえてうまく利用する。つけいる

浮世草子傾城禁短気(1711)五「此方の弱身を見せると、それからつけ込(コミ)て、此程のふり返しをするにはった事」

安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「損毛承知で売ってしまふ了簡だから其処付込(ツケコ)ンで性一ぱいねぎりつけて買落す策があるヨ」

② あらかじめ約束しておく。前もって申し込む。

洒落本戯言浮世瓢箪(1797)三「一度逢たたいこ指(もち)も、かぎ出し来てつけこめば、献(さす)やら(おさへる)やら呑やらうたふやら」

2 〔他マ五(四)

① 跡をつけてゆく。また、あとを追ってそのまま相手の家などに入る。つけいる

浮世草子好色五人女(1686)二「おせんがかへるにつけこみないない約束、今といはれて、いやがならず」

荷物などを運び込む

俳諧類船集(1676)幾「荷物あまた付こむ問丸こそにきははしけれ」

仕分けをしないで、次々と帳面にしるす。書き込む

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「悉く彼の日記につけ込んである」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「付け込む」の関連用語

付け込むのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



付け込むのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS