ハリマナガウンカとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > ウンカ・ヨコバイ > ハリマナガウンカの意味・解説 

ハリマナガウンカ

ハリマナガウンカ

Stenocranus harimensis Matsumura
三郷流山水元観察できる
ウンカ科 ナガウンカ亜科

翅端まで5.5~6mm

水辺比較的湿った草むらに住む大きなナガウンカである。

雄は濃いめ茶色、雌はうす茶色で、正中線上に白~クリーム色の太いラインがあるのが特徴的である。

雌は全体うすい茶褐色で、前翅中央根本から先端向けて不鮮明茶色ライン見える。

成虫越冬で、枯れきっていないイネ科植物の根本越冬しているのを観察したことがある

三郷流山水元エリア観察できる。

ハリマナガウンカ

播磨長浮塵子

読み方:ハリマナガウンカ(harimanagaunka)

ウンカ科の昆虫

学名 Stenocranus harimensis




ハリマナガウンカと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハリマナガウンカ」の関連用語

ハリマナガウンカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハリマナガウンカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
昆虫観察ガイド昆虫観察ガイド
Copyright (C) 2019 昆虫観察ガイド All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS