ハマベバエとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ハマベバエの意味・解説 

ハマベバエ

海浜に主に生息する比較小型ハエ。浜に打ち上げられて腐った海や、捨てられたカキ殻などに産卵する。トルエンなどの強毒性の有機溶剤の臭いにつられて群がることが多く海浜地帯工場などで大量発生問題となることがある

2011年3月発生した東日本大震災では、漁港腐敗したなどを餌にクロバエイエバエ大量発生し、2011年6月時点大きな問題となっている。

浜辺蠅

読み方:ハマベバエ(hamabebae)

ハマベバエ科の昆虫

学名 Eucomyia frigida



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハマベバエ」の関連用語

ハマベバエのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハマベバエのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS