スオムッサルミとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スオムッサルミの意味・解説 

スオムッサルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/09 01:28 UTC 版)

スオムッサルミ
Suomussalmen kunta(スオミ語)
自治体章
位置

スオムッサルミの位置
座標 : 北緯64度53分 東経28度55分 / 北緯64.883度 東経28.917度 / 64.883; 28.917
歴史
憲章 1867年
行政
 フィンランド
 県 カイヌー県
 郡 ケヒュス=カイヌー郡
 自治体 スオムッサルミ
首長 Erno Heikkinen
地理
面積  
  自治体域 5,857.60[1] km2 (2,261.63 mi2)
    陸上   5,270.56 km2 (2,034.97 mi2)
    水面   587.03 km2 (226.65 mi2)
人口
人口 (2021年現在)
  自治体域 7,509[2]
    人口密度   1.42人/km2(3.7人/mi2
  備考 フィンランド第129位
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : www.suomussalmi.fi

スオムッサルミ (スオムスサルミ、Suomussalmi [ˈsuo̯muˌsːɑlmi]) はフィンランドカイヌー県にある自治体。ケヒュス=カイヌー郡に属する。フィンランド語のみを公用語としている。

人口7,509人 (2012年12月31日現在)。総面積5,857.60 km²はフィンランドの自治体で第9位、全面積のうち10%近くが水域である。

トナカイの生息地としては最南端である。

1939年から1940年の冬戦争の間、この地域の周辺地域が戦場となり、フィンランドを中央で分断しようと進撃したソ連軍との間で多くの戦闘があった。スオムッサルミの戦いラーッテ林道の戦いは有名である。この戦いでフィンランド軍は少数であったものの、戦争終結までソ連軍と戦い続けた。

姉妹都市

スオムッサルミ出身の人物

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ FINLANDS AREAL KOMMUNVIS 1.1.2011
  2. ^ 統計表No.777



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スオムッサルミ」の関連用語

スオムッサルミのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スオムッサルミのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスオムッサルミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS