サラフ主義とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > サラフ主義の意味・解説 

サラフ主義

読み方:サラフしゅぎ

イスラム教開祖であるムハンマド・イブン=アブドゥッラーフや、同志の意味を持つサラフイスラム共同体を率いた7世紀頃の教えに戻って、イスラム法遵守すべきという考え方。あるいは、当時教え実践ようとする思想

サラフ主義は、イスラム過激思想と見る向きも多い。

サラフ主義は、テロ組織として有名なアルカイダジハードなどがその流れをくむとされる

サラフィー主義

(サラフ主義 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 15:07 UTC 版)

サラフィー主義(サラフィーしゅぎ、アラビア語: سلفيةSalafīyah サラフィーヤ / السلفية As-Salafīyah アッ=サラフィーヤ英語: Salafism)とは、現状改革の上で初期イスラムの時代(サラフ)を模範とし、それに回帰すべきであるとするイスラム教スンナ派思想スーフィーとは異なる。


  1. ^ コトバンク『世界大百科事典 第2版』の解説より
  2. ^ ただしシャリーアの厳格な施行を求める主義内容からして厳罰化死刑も含む)は、容易に予想される。
  3. ^ 酒井啓子 (2012年3月3日). “エジプト:サラフィー主義者がやってきた!”. ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト. 2013年1月17日閲覧。
  4. ^ 福田安志の上掲参考文献による。
  5. ^ Michael Dillon (1999). China's Muslim Hui community: migration, settlement and sects. Richmond: Curzon Press. p. 72. ISBN 0-7007-1026-4. Retrieved 2010-06-28.
  6. ^ Rubin, Barry M. (2000). Guide to Islamist Movements. M.E. Sharpe. p. 79. ISBN 0-7656-1747-1. Retrieved 2010-06-28.
  7. ^ al-Sudairi, Mohammed (October 23, 2014). "Chinese Salafism and the Saudi Connection". The Diplomat.


「サラフィー主義」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サラフ主義」の関連用語

サラフ主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サラフ主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサラフィー主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS