コアベース統計地域とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コアベース統計地域の意味・解説 

コアベース統計地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/27 21:18 UTC 版)

コアベース統計地域(コアベースとうけいちいき、: Core Based Statistical Area、略称:CBSA) は、アメリカ合衆国行政管理予算局 (OMB)によって定義されたアメリカ合衆国都市的地域であり、人口が1万人を超える都市的中心地と、そこへの通勤などによって、社会経済的に結び付いた周辺地域から構成される。2000年のアメリカ合衆国の国勢調査結果をもとに、こうした基準を当てはめて定義された地域は、2003年6月にOMBから公表された。これらの基準は、1990年に定義された都市圏(metropolitan area)にとって代わるものである。


  1. ^ Metropolitan and Micropolitan Statistical Areas”. U.S. Census Bureau. 2010年12月26日閲覧。
  2. ^ OMB BULLETIN NO. 10-02: Update of Statistical Area Definitions and Guidance on Their Uses (PDF)”. OMB (2009年12月1日). 2010年12月27日閲覧。


「コアベース統計地域」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コアベース統計地域」の関連用語

コアベース統計地域のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コアベース統計地域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコアベース統計地域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS