エムディーファイブとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > エムディーファイブの意味・解説 

MD5

フルスペル:Message Digest algorithm 5
読み方:エムディーファイブ
別名:メッセージダイジェストアルゴリズム5

MD5とは、ハッシュ関数呼ばれる、あるデータから元の値とは異な数値を得ることができるアルゴリズム一種で、1991年マサチューセッツ工科大学リベストRonald Rivest教授によって考案されたアルゴリズムのことである。RFC 1321で規定されている。

MD5を利用すると、任意長のデータから128ビットハッシュ値メッセージダイジェスト)を出力することができる。32ビットマシンで高速処理ができるように設計されており、また、アルゴリズムコンパクトコード化できるという特徴持っている。MD5は、主にAPOPなどの電子メール認証や、デジタル署名などにおいて利用されている。

MD5は、リベスト教授によるMD4元に開発されている。なお、米国政府などで主に採用されているSHASecure Hash Algorithm)はMD4ベースとしている。


参照リンク
MD5 メッセージダイジェストアルゴリズム - (独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティのほかの用語一覧
暗号化方式:  公開鍵  公開鍵暗号  公開鍵基盤  MD5  PCT  RC6  ROT13


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エムディーファイブ」の関連用語

1
18% |||||

エムディーファイブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エムディーファイブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMD5の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS