むしろ織とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > むしろ織の意味・解説 

むしろ織 (むしろおり)

むしろ織 を織るのに江戸後期から大正中期頃まで使用した。用途は、農家部屋敷物穀物天日乾燥下敷、あるいはかます用など、極めて用途が広がった。上下に張った縦縄を、交互に前後して、ひごにて通したあと、おさを上下して織った。作業は、腰をかけた手仕事である。木製で、高さ110cm、幅143cm、両脚台の奥行50cm、重さ40kg。ひごは竹製で、106cmである。




むしろ織と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

むしろ織のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



むしろ織のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS