へんずりとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 大阪弁 > へんずりの意味・解説 

せんずり、へんずり

大阪弁 訳語 解説
せんずり、へんずり 男性の)自慰皮つるみ
マスターベーション
オナニー手淫、独淫、
ひとりエッチ
千摺り千擦り漢字一字で、「手」偏に「上」「下」と書く。せんずりをこく、せんずりをかく。「しこる」とも言う。わがばっかしええ思いして、おまえはへんずりかきか。「ぼうずり」はデッキブラシのこと。


へんずり

  1. 手淫俗称。「せんずり」の転。同条参照

へんづり

読み方:へんずり

  1. 蝋燭。〔第七類 雑纂
  2. 蝋燭

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「へんずり」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
92% |||||

5
50% |||||


へんずりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



へんずりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2019 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS