はるがすみとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > はるがすみの意味・解説 

はる‐がすみ【春×霞】

読み方:はるがすみ

室町時代ごろまでは「はるかすみ」》

【一】[名]春の。《 春》「洛陽朝餉(あさげ)過ぎたり—/蓼太

【二】同音繰り返しまた、かかっている状態から、「春日(かすが)」「立つ」「井上(ゐのへ)」などにかかる。

「—春日の里の植ゑ小水葱(こなぎ)」〈四〇七〉

「—井の上ゆ直(ただ)に道はあれど」〈万・一五六


はるがすみ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 08:46 UTC 版)

成句

はるがすみ

  1. 春日(かすが)」、「立つ」、「井上(ゐのへ)」、「春日(かすが)」にかかる枕詞


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はるがすみ」の関連用語

はるがすみのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



はるがすみのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのはるがすみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS