じききょうめいがぞうほうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 画像法 > じききょうめいがぞうほうの意味・解説 

磁気共鳴画像法

【仮名】じききょうめいがぞうほう
原文magnetic resonance imaging

ラジオ波コンピュータ制御された強力な磁場発生装置用いて体内画像鮮明映し出す手法。この撮影法では、正常組織患部組織違い鮮明映し出される。磁気共鳴画像法による臓器軟部組織画像は、コンピュータ断層撮影ct)やx線撮影などの他の撮影方法よるものよりも優れている。磁気共鳴画像法は、特に脳、脊椎関節軟部組織、骨内部撮影する場合有用となる。「mri」、「nuclear magnetic resonance imaging核磁気共鳴画像法)」、「nmri」とも呼ばれる





じききょうめいがぞうほうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「じききょうめいがぞうほう」の関連用語

じききょうめいがぞうほうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

肩関節

間四ケン

D-sub端子

肋硬骨

フェリーくにが

早狩実紀

カリビアファン

あさかぜ5号





じききょうめいがぞうほうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS