熱画像法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 画像法 > 熱画像法の意味・解説 

熱画像法、サーモグラフィ

【仮名】ねつがぞうほう
原文thermography

医学では、温度感知する赤外線カメラ用いて体の各所から発せられる体表温度記録する手法のこと。組織異常な増殖が起こっていると、体温にも変化が起きることがあり、その様子画像として表示される。乳がんなどの腫瘍診断に用いられることがある





熱画像法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

熱画像法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

砕石マスチックアスファルト舗装

日光霧降高原のニッコウキスゲ

デルトイデア

御前埼灯台

ヘルツ

ネームラベル

フィンガー

渾神の清水





熱画像法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS