ころ軸受けとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ころ軸受けの意味・解説 

ころ軸受け

英語 roller bearing

回転する軸を支え軸受けには滑り軸受け転がり軸受け大別される。転がり軸受け転動体としてボールを使う玉軸受け、ころを使うころ軸受けがある。構造外輪内輪の間に転動体を入れ、その保持器などからなる。ころには円筒円錐並びに針状各種がある。針状とは、ころの径が5mm以下で長さが径の3~10倍のものをいい、一般軸受け比べ小さスペース大きな負荷に対応できる。これにより、軸受けのみならず軸受けそのほか小型化でき、軽量化につながる。

参照 スラスト玉軸受け(ボールベアリング)、ニードルローラーベアリング
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ころ軸受け」の関連用語

ころ軸受けのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オートエアコン

インジェクション

フロンテ

グランドシミュレーション

スカベンジングポンプ

レパード

駆動系

アンチスクォト





ころ軸受けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS