お礼肥とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 丁寧表現辞書 > お礼肥の意味・解説 

おれい‐ごえ【御礼肥】

果実収穫したり、花を咲かせたりしたのちに施す肥料樹勢回復のために行う。


おれい‐ごえ【御礼肥】

〔名〕 果実収穫した後で果樹などに施す肥料収穫後の樹勢回復貯蔵炭水化物蓄積花芽充実などを目的とする。


お礼肥

読み方:おれいごえ

名詞「礼肥」に、接頭辞「お」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お礼肥

開花後や果実収穫後に施す肥料消耗した植物栄養分補給して回復をはかり、充実させて次年度成長備える。即効性肥料を使う。ほうび肥ともいう。

お礼肥

一般に、花が咲き終わった後や、実が生った後に与え肥料褒美肥
洋ラン休眠期開花するものが多いので、洋ランに「お礼肥」を与えてはいけない。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お礼肥」の関連用語

お礼肥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



お礼肥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M

©2021 GRAS Group, Inc.RSS