methamphetamineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > methamphetamineの意味・解説 

メタンフェタミン [5] 【methamphetamine】

覚醒剤の一。中枢興奮覚醒作用があり,疲労感減少多幸感が得られる。覚醒剤取締法適用を受け,認可を受けた医師のみが使用できる。塩酸メタンフェタミン商標ヒロポン

メタンフェタミン

分子式C10H15N
その他の名称:メタンフェタミン、Methamphetamine、デソキシン、d-デスオキシエフェドリン、(+)-メタンフェタミン、デキサフェド、d-デオキシエフェドリン、d-Deoxyephedrine、(+)-Methamphetamine、Norodin、d-Desoxyephedrine、Dexafed、Desoxyn、ノロジン、(+)-デオキシエフェドリン、(+)-Deoxyephedrine、(S)-N,α-Dimethylbenzeneethanamine、[S,(+)]-N,α-Dimethylbenzeneethanamine、d-メタンフェタミン、(S)-(+)-メタンフェタミン、D-MAMP、(S)-(+)-Methamphetamine、d-Methamphetamine、(S)-N-Methyl-1-phenyl-2-propanamine
体系名:(S)-N,1-ジメチル-2-フェニルエタンアミン、(αS)-N,α-ジメチルベンゼンエタンアミン、[S,(+)]-N,α-ジメチルベンゼンエタンアミン、(S)-N,α-ジメチルベンゼンエタンアミン、(S)-N-メチル-1-フェニル-2-プロパンアミン


l‐メタンフェタミン

分子式C10H15N
その他の名称:[R,(-)]-N,α-Dimethylbenzeneethanamine、l-メタンフェタミン、l-Methamphetamine、(-)-メタンフェタミン(-)-デオキシエフェドリン、l-(-)-Methamphetamine、(-)-Deoxyephedrine、R(-)-メタンフェタミン、R(-)-Methamphetamine、(R)-(-)-メタンフェタミン、L-MAMP、(R)-N-Methyl-1-phenyl-2-propanamine、(-)-Methamphetamine、(R)-(-)-Methamphetamine、(2R)-N-Methyl-1-phenylpropane-2-amine
体系名:(R)-α,N-ジメチルベンゼンエタンアミン(R)-N-メチル-1-フェニルプロパン-2-アミン(R)-N,1-ジメチル-2-フェニルエタンアミン、(2R)-N-メチル-1-フェニル-2-プロパンアミン、(αR)-N,α-ジメチルベンゼンエタンアミン(R)-N,α-ジメチルベンゼンエタンアミン、[R,(-)]-N,α-ジメチルベンゼンエタンアミン(R)-N-メチル-1-フェニル-2-プロパンアミン、(2R)-N-メチル-1-フェニルプロパン-2-アミン


メタンフェタミン

薬物メタンフェタミン
英名methamphetamine
化合物名or商品名ヒロポン
分子式C10H15N
分子データ
用途交感神経興奮剤(中枢神経刺激作用)
副作用
胎,授乳児への影響
備考パーキソン症候群抗うつ病などに経口投与
融点172174
沸点
LD50(マウス)/mg kg-170(腹腔内)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

メタンフェタミン

Methamphetamine

【概要】 覚醒剤の代表。覚醒剤の代表はメタンフェタミン(ヒロポン)である。"シャブ"とか"スピード"とか"S"などとも呼ばれる。強い覚醒作用精神賦活作用がある。が切れると強い疲労感虚脱感出現するので、常習者になりやすい。 

【詳しく】 従来中毒患者注射痕が決め手といわれていた。最近ICEスピードエクスタシーなどと呼ばれる吸入内服摂取できるものがある。やがて"あぶり"と呼ばれる蒸気吸入では足りなくなり、静注使用移行してゆく。日本覚醒剤使用者HCV性感染症頻度が高く、HIV侵入が始まると拡散可能性がある。

《参照》 薬物乱用覚醒剤静脈注射薬常用者


メタンフェタミン

(methamphetamine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/17 01:35 UTC 版)

メタンフェタミン英語: methamphetamine, methylamphetamine)とは、アンフェタミンの窒素原子上にメチル基が置換した構造の有機化合物である。間接型アドレナリン受容体刺激薬としてアンフェタミンより強い中枢神経興奮作用をもち[2]、精神依存と精神病状態を高頻度の惹起する[要出典]依存性薬物である。日本では商品名ヒロポンとして販売されているが[3]、「限定的な医療・研究用途での使用」に厳しく制限されている。


  1. ^ "Hazardous Substances Data Bank", NLM (US)
  2. ^ a b c 竹内孝治、岡淳一郎 『最新基礎薬理学[第3版]』 廣川書店、2011年、50頁。ISBN 978-4-567-49452-6
  3. ^ ヒロポン/ヒロポン錠
  4. ^ A Practical Guide to the Therapy of Narcolepsy and Hypersomnia Syndromes. Neurotherapeutics (2012) 9:739–752
  5. ^ Kenji Hashimoto, et al. (2007-3-1). “Protective effects of minocycline on the reduction of dopamine transporters in the striatum after administration of methamphetamine: a positron emission tomography study in conscious monkeys.”. en:Biological Psychiatry (journal). 61 (5): 577-81. doi:10.1016/j.biopsych.2006.03.019. PMID 16712806. http://www.biologicalpsychiatryjournal.com/article/S0006-3223(06)00395-7/abstract. 
  6. ^ 日本臨牀 2015 (73) 9
  7. ^ Kendler KS, Jacobson KC, Prescott CA et al., Phamacotherapy of methabphetamine addiction: an update. Subst Abus 29:31-49, 2008
  8. ^ Kendler KS, Karkowski LM, Neale MC et al., Illicit psychoactive substance use, heavy use, abuse, and dependence in a US population-based sample of male twins. Arch Gen Psychiatry 57:261-259, 2000
  9. ^ a b 研究課題名:「依存症のメカニズム解明」クロス・アディクションの病態生理を担う脳内ミクログリア活性化機構の解明
  10. ^ 47NEWS医療新世紀 からだ・こころナビ 「覚せい剤による障害改善 抗生剤ミノサイクリンで」”. www.47news.jp. 株式会社全国新聞ネット Press Net Japan Co.,Ltd (2010年12月14日). 2016年8月22日閲覧。
  11. ^ 参議院会議録情報 第101回国会 社会労働委員会 第11号。議事録では本名の下村泰名義で記録されている。
  12. ^ ここで言う「限定的な医療・研究用途での使用」とは、同法により規定された少数の研究・医療機関への販売や、統合失調症ナルコレプシーの治療等であり、日本薬局方上は処方薬処方箋医薬品)の覚醒剤として残っている。


「メタンフェタミン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

methamphetamineに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「methamphetamine」の関連用語

1
メタンフェタミン 化学物質辞書
74% |||||

2
72% |||||

3
塩酸メタンフェタミン 化学物質辞書
72% |||||

methamphetamineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハイネック

ハクセキレイ

ミラーボール

トゲツノヤドカリ

スクーターウインチ

傾斜

山際正道

1000型車両





methamphetamineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメタンフェタミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS