TPSとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > MBA用語 > TPSの意味・解説 

リーン生産方式

【英】:lean production

プロセス管理徹底して効率化することで、従来大量生産方式同等上の品質実現しながら作業時間在庫量が大幅削減できる生産方式。少量品種生産に対しても、柔軟に対応できる。トヨタ生産システム(TPS)の別名。


MITジェームズ・P. ウォマック等が1990年に、トヨタ生産システム研究調査して「リーン生産方式」として欧米紹介し、日本自動車メーカー欧米追い抜く日が来ると、当時欧米自動車業界衝撃与えた。リーンlean)とは「贅肉がとれた」の意である。

リーン生産方式は、現在の米国企業でも企業改革の重要なツールとして活用されている。MIT調査時点では、フォード生産システム大量生産用いてトヨタ比較されたGEは現在、「シックス・シグマとともにリーン生産方式を自社品質関連する重要なツールとして活用している。
また、GE出身のマックナーニ氏が2005年CEOに就いたボーイング社では、リーン生産方式の導入最優先課題1つとして、製造現場のみならず社内取引先にまで広げて現場主義改革を進めている。

■ 関連語
カンバン方式ジャスト・イン・タイムJIT

■ おすすめ科目

TPS

【英】Telephone Preference Service
別名:テレフォン・プレファレンス・サービス

米国ダイレクト・マーケティング協会(DMA)が行っている消費者保護のためのサービス不必要電話をかけて欲しくない人はDMA電話するだけで加盟業者すべてのリストから自分電話番号削除してもらうことができる。この申し出は、自分から要求しないかぎり半永久的継続される。

秒間ツイート数

読み方びょうかんツイートすう
別名:1秒あたりツイート数1秒当たりツイート数1秒当りツイート数1秒当たりのツイート数1秒当たりのツイート投稿数ツイート毎秒
【英】Tweets Per Second, TPS

秒間ツイート数とは、Twitter上で1秒間に投稿されたツイートの数のことである。「TPS」と表記されることが多い。

多く場合、「TPS」の表記一種単位として用いられる。例えば、1秒間に1000件のツイート世界中から投稿された場合、秒間ツイート数は「1000TPS」と表記される。それが持続的な値か、瞬間的なものかによっても解釈異なるが、現実事件との連動性を踏まえて、秒間ツイート数を事件に関する世間関心反応を見る指標として用いるケースがある。

「TPS」を「秒間ツイート数」の意味として用いるのは比較新し用法であり、一般的には「三人称シューティング」(Third Person Shooter)、秒間あたりのトランザクション処理件数Transaction Per Second)を指すことも多い。


TPS

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

TPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/03/29 16:30 UTC 版)

TPS






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

TPSに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「TPS」の関連用語

TPSのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




TPSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
グロービス・マネジメント・スクールグロービス・マネジメント・スクール
© 2014 GLOBIS CORPORATION All Rights Reserved.
グロービス・マネジメント・スクールMBA用語集
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ秒間ツイート数の記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTPS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS