進行方向別通行区分とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 道路標識一覧 > 進行方向別通行区分の意味・解説 

進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

車両通行帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/19 17:07 UTC 版)

(進行方向別通行区分 から転送)

車両通行帯(しゃりょうつうこうたい)とは、日本における交通法規の用語の一つ。車両道路の定められた部分を通行するようにするために、白線などの道路標示によって示されている帯状の部分をいう。


  1. ^ 東京外環道で2400人誤摘発 埼玉県警、車両通行帯違反 日本経済新聞
  2. ^ 車両通行帯違反で誤摘発 富山県警 産経ニュース
  3. ^ 2段階右折で60人誤摘発 山口県警手続き忘れ 産経WEST
  4. ^ 大型自動二輪車普通自動二輪車小型自動二輪車特定二輪車
  5. ^ a b なお、右折する場合の軽車両と、交差点において原動機付自転車二段階右折をすべき場合の原動機付自転車については、それぞれ二段階右折をするので、これらの場合については道路の中央または右側端に寄ったり、または進行方向別通行区分の右折区分に従い通行することは(法律上は)ない(道路外に出るため原動機付自転車が右折する場合は、道路の中央または右側端に寄る)。
  6. ^ なお、特定の種類の車両として普通自転車が指定された場合には(後述)、普通自転車は、その指定された専用通行帯を通行しなければならず、自動車原動機付自転車自動二輪車小型特殊自動車も含む)はその専用通行帯以外の車両通行帯を通行しなければならない。なお、普通自転車以外の自転車やその他の軽車両はこの限りではなく、他に道路標識等による指定がなければ法第20条第1項の通則に依然従うこととなる。
  7. ^ この規制における「牽引自動車」とは、牽引するための構造及び装置を有する大型自動車、中型自動車、普通自動車又は大型特殊自動車であって、牽引されるための構造及び装置を有する車両で道路運送車両法上の車両総重量が0.75トンを超えるものを牽引しているものを言う。
  8. ^ ただし、牽引自動車も含め自動車が本線車道の最低速度(通常50km/h)に違反するおそれがあるから登坂車線に入るものの、登坂車線の最高速度は通常60km/hであるから、30km/h程度以下の著しい鈍重な先行車両を、後続の牽引自動車が50km/h以上60km/h以下の速度を維持しつつ追い越すと言うレアケースになるであろう。
  9. ^ (※ただし、道路の中央から右側部分にはみ出せと言う意味ではない。以下同様)
  10. ^ 自動車は、他に規制が無ければ、そこがたとえ最右車線であっても、路線バス等の接近の有無にかかわらず、路線バス等優先通行帯のすぐ右側の通行帯を通行できる。
  11. ^ なお、法令上は小型特殊自動車も優先通行帯の外に出る等の必要があるが、実態上は空文化しているであろう。
  12. ^ いずれも法第20条第1項の通則の例外となるような場合を除く。
  13. ^ 例として、第20条第1項の通則のうち第一通行帯を通行すべきとする通則以外のもの、または法第20条第1項の通則の例外にあたるような場合、または他の専用通行帯などの規制など






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「進行方向別通行区分」の関連用語

進行方向別通行区分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

原動機付自転車の右折方法

通行止め

学校、幼稚園、保育所等あり

待避所

横断歩道・自転車横断帯

車両の種類

都道府県道番号

ロータリーあり





進行方向別通行区分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
セイトーセイトー
この記事は、株式会社セイトーがホームページ上にて運営している「道路標識について」の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの車両通行帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS