試用期間とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > 期間 > 試用期間の意味・解説 

し ようきかん [4] 【試用期間】

企業社員本採用する前に実際に雇用したうえでその適性能力確認するために設け一定の期間。

試用期間(しようきかん)

労働関わる用語

使用者が、新たに雇用した労働者を正式に採用するかどうか判断するために設ける期間。3ヶ月あるいは6ヶ月定め事業所もあるが、労働基準法上は、期間開始14日間が過ぎると労働基準法適用され、解雇予告解雇予告手当支給をすることなく労働者解雇することができなくなる(労働基準法21条4号)。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

試用期間

試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか判断するために設け一定期間のことをいいます。

試用期間

【英】probationary period

・主に正社員採用において、雇用後の一定期間能力適性見極めるために設定される期間のことをいい当該期間は使用者解約留保された労働契約解約留保労働契約)とみなされる

一般的に就業規則規定され、3ヶ月、あるいは6ヶ月程度とする場合が多い。

・試用期間の上限は法律定められていないが、不当長い期間を試用期間とすると、労働者を不安定立場に置くことになり、公序良俗反するとされ、1年上の試用
期間は不当であると判決されているケースもある。従って、試用期間は1年以内設定することが望ましいといえる

・試用期間は、採用者の業務への適格性を見極める為の期間であり、不適格だからといってすぐに不採用とすることはできない。試用期間は、教育期間でもある為、非難すべき行為が生じた場合会社採用者に対し注意指導をする必要がある
しかし、注意指導した上で矯正不能とみなされ、業務への適格性がないと判断された場合には、不採用とすることができる。

また、試用期間開始14以内解雇である場合には解雇予告解雇予告手当支給は必要ない。

関連ページ
人事制度

試用期間

試用期間とは、企業人材採用した後に、 入社後の一定期間を区切って採用者の能力適性勤務態度などを見極める期間のことをいいます。
試用期間は1ヶ月から6ヶ月の間が一般的ですが、 近年は3ヶ月という企業多くなっています。
企業は試用期間中であっても採用者を簡単に 解雇することはできません。入社から2週間以内であれば即時解雇が可能とされていますが、通常30日前の解雇予告を行う、 またはそれに相当する給与支払必要があるとされています。

試用期間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/08 19:18 UTC 版)

試用期間(しようきかん)は、使用者労働者を本採用する前に試験的に雇用する期間である。使用者が労働者の適性を評価・判断するために用いられる。






「試用期間」の続きの解説一覧





試用期間と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

試用期間に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「試用期間」の関連用語

試用期間のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐藤真有

糸

オバクサ

ミニ・イースター

コンパクト スウィング

八ヶ岳中信高原国定公園

820SH

FACOM 100





試用期間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2017 Houterasu All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2017 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの試用期間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS