焼いたとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 焼いたの意味・解説 

焼いた

読み方:やいた

カ行五段活用動詞「焼く」の連用形である「焼き」のイ音便形に、過去・完了存続確認助動詞「た」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

焼き物 (料理)

(焼いた から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/18 00:29 UTC 版)

焼き物(やきもの)とは、料理の一種で、本来は熱媒)を利用せず、で直接食品を加熱した料理である。


  1. ^ 直火によるもの、焼き容器を使うもの、油を使うものなどの区別。
  2. ^ (英語)Kenneth Miller (2013年5月). “Archaeologists Find Earliest Evidence of Humans Cooking With Fire”. Kalmbach Publishing Co.. 2017年2月26日閲覧。
  3. ^ 青木幸子監修 『おとなの「家庭科の教科書」 ― 家事の苦手がなくなる! 生活が楽しくなる!』 笠倉出版社2016年、50頁。ISBN 4773086955
  4. ^ Harold McGee; 香西みどり訳 『マギー キッチンサイエンス』 共立出版、2008年、157頁。ISBN 9784320061606 


「焼き物 (料理)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「焼いた」の関連用語

焼いたのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウイルシャー

青島海水浴場

アネハヅル

ガンマ線スペクトロメーター

えちぜん号

冠組

3号はやぶさ

オーリス





焼いたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼き物 (料理) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS